永末書店

永末書店の書籍案内ブログです。 新刊の情報もいち早くお知らせ致します。

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第4版 エンドドンティクス

エンドドンティクス4

編集主幹
興地隆史/須田英明/中村洋

編集委員
阿南壽/五十嵐勝/石井信之/勝海一郎/林美加子/松島潔

執筆
赤峰昭文/荒木孝二/伊藤祥作/小木曽文内/北村知昭/
木村裕一/砂川光宏/中川寛一 /中田和彦/野杁由一郎/
林善彦/細矢哲康/前田宗宏/松尾敬志/村松敬/諸冨孝彦/
薮根敏晃/横瀬敏志/吉嶺嘉人

B5判・オールカラー・288ページ
定価(本体9,000円+税)
2015 ISBN978-4-8160-1289-1

こちらの書籍を購入する

●歯科基礎医学の知識、基本的な手技から最新の診断・治療方法にいたるまで歯内療法学全般にわたって詳細に解説した、ベストセラーテキストの改訂第4版。3D画像、写真、図版などの視覚資料の充実はもちろん、B5サイズオールカラーで持ちやすく、学びやすい体裁に生まれ変わりました。
●本文は簡潔に、欄外には重要語句、キーワード解説とポイントを付しました。また、「高齢者の歯内療法」の章が新設されるなど、歯内療法学の新知見・最新技術を十分に反映し、歯科学生、臨床研修歯科医はもとより、広く一般臨床家にも役立つ内容となっています。
●歯学教育モデルコアカリキュラムを網羅し、歯科医師国家試験出題基準に準拠しています。章ごとに示された到達目標で学習内容が確認できます。


CONTENTS

第Ⅰ部歯内療法学の基礎的背景
第1章歯と歯根周囲の組織学
1.象牙質
2.セメント質
3.歯髄
4.歯根周囲組織
第2 章歯髄腔の解剖学
1.歯髄腔の基本形態
2.歯種と歯髄腔
第3 章象牙質/歯髄複合体および歯根膜の生理学的機能
1.象牙質/歯髄複合体の硬組織形成能
2.象牙質/歯髄複合体の感覚神経分布
3.象牙質感覚と象牙質知覚過敏症
4.歯髄の痛みに付随する頭頸部疼痛
5.歯根膜
第4 章歯髄疾患
1.歯髄疾患の概要
2.歯髄疾患の原因 
3.歯髄疾患の分類 
4.歯髄疾患の経過
5.歯髄疾患の病理学
6.歯髄疾患の免疫学
第5 章根尖性歯周組織疾患
1.根尖性歯周組織疾患の概要
2.根尖性歯周組織疾患の原因
3.根尖性歯周組織疾患の分類と症状
4.根尖性歯周組織疾患の経過
5.根尖性歯周組織疾患の細菌学
6.根尖性歯周組織疾患の病理学
7.根尖性歯周組織疾患の免疫学

第Ⅱ部歯内療法の臨床 −基礎編−
第6 章歯内療法における診査・検査・診断
1.診査・検査・診断法の概要
2.診査・検査・診断法(各論)
3.歯髄疾患の鑑別診断と治療方針
4.根尖性歯周組織疾患の鑑別診断と治療方針
第7 章症例選択,治療計画
1.症例選択
2.治療計画
第8 章無菌的処置
1.手術野の消毒
2.バリアーテクニック
3.歯内療法に用いる器材の滅菌と消毒
第9 章歯髄保護と歯髄保存療法
1.歯髄保護の意義
2.歯髄鎮痛消炎療法
3.間接覆髄法
4.暫間的間接覆髄法(I.P.C.),非侵襲性歯髄覆覃法(A.I.P.C.)
5.直接覆髄法
第10 章歯髄除去療法
1.歯髄除去療法について
2.局所麻酔と歯髄除活(失活)法
3.生活断髄法
4.抜髄法
第11章根尖性歯周組織疾患の治療
1.治療の概要
2.感染根管治療
3.感染根管治療の補助療法
第12 章根管形成
1.根管形成の目的
2.根管の拡大と形成
3.根管の化学的清掃
第13 章根管貼薬・仮封
1.根管貼薬の概要
2.根管消毒薬の種類
3.根管貼薬の実際
4.仮封
第14 章根管充塡
1.根管充塡の目的
2.根管充塡の時期
3.根管充塡材(剤)
4.根管充塡法
5.即時根管充塡法
6.根管充塡の評価
第15 章歯内療法の安全対策
1.器具の根管内破折
2.穿孔
3.医原性の根尖性歯周炎
4.軟組織の損傷
5.器具の誤飲と気管内吸引(誤嚥)
6.皮下気腫

第Ⅲ部歯内療法の臨床 −応用編−
第16 章再根管治療
1.根管治療失敗の原因
2.根管治療の困難な症例
3.再根管治療の基準
4.再根管治療の進め方
5.歯冠修復物の除去
6.根管充塡材(剤)の除去
7.再根管治療の予後成績
第17 章歯根吸収
1.歯根吸収の原因
2.外部吸収とその治療
3.内部吸収とその治療
第18 章歯の外傷
1.歯の外傷の発生原因
2.歯の外傷の発生頻度
3.外傷歯の分類
4.外傷歯の診査・診断
5.外傷歯の治療
6.歯の外傷の予防
第19 章根未完成歯
1.アペキソゲネーシス
2.アペキシフィケーション
3.歯髄血管再生療法(パルプ・リバスクラリゼーション)
第20 章歯内ー歯周疾患
1.定義
2.歯髄と歯周組織の交通路
3.診断と分類
4.処置
5.鑑別診断
第21章外科的歯内療法
1.外科的歯内療法の意義と目的
2.エックス線検査と局所解剖
3.外科的歯内療法における術前の注意
4.外科的排膿路の確保
5.根尖部の外科的処置
6.歯根切除法
7.ヘミセクション
8.歯根分離法
9.歯の再植
10.歯の移植
11.外科的歯内療法における術後の注意
第22 章実体顕微鏡を応用した歯内療法
1.実体顕微鏡による処置の特徴
2.実体顕微鏡による処置の前準備
第23 章高齢者の歯内療法
1.高齢者の歯と歯髄
2.高齢者の歯髄・根尖歯周組織疾患の特徴
3.高齢者の歯内療法における留意点
4.高齢者の歯内療法の予後成績
第24 章緊急処置
1.歯内療法における緊急処置の意義と必要性
2.急性歯髄炎
3.急性根尖性歯周炎
4.フレアアップ
付録 索引・参考文献
スポンサーサイト

第3版 エンドドンティクス

第3版 エンドドンティクス
編集主幹:須田英明/中村洋
編集委員:恵比須繁之/興地隆史/勝海一郎/斎藤隆史/中川寛一/中村幸生/林善彦

A4判・400頁・オールカラー
定価(本体価格9,000円+税)
2010・ISBN978-4-8160-1214-3


●臨床を支える歯科基礎医学の知識、基本的な手技から最新の診断・治療方法にいたるまで歯内療法学全般にわたって詳細に解説した,ベストセラーテキストの全面改訂第3版。オールカラーとなり、3D画像、写真、図版などの視覚資料を充実させた。
●本文では重要語句はカラーで示し、難解な語句は側注に解説を付した。また、歯科用コーンビームCT、マイクロスコープといった最新の医療器具を使用したテクニックなど、歯内療法学の新知見・最新技術を十分に反映し、歯科学生、臨床研修歯科医はもとより、広く一般臨床家にも役立つ内容になっている。
●歯学教育モデルコアカリキュラムを網羅し、歯科医師国家試験出題基準に準拠。章ごとに示された到達目標で学習内容が確認できる。


目次

序章 「歯内療法とは」

第I部 歯内療法学の基礎的背景
第1章 歯と歯根周囲の組織学
第2章 歯髄腔の解剖学
第3章 生理学的にみた歯と歯根膜
第4章 歯髄・根尖性歯周組織疾患と細菌学
第5章 歯髄と根尖歯周組織の病変における病理学
第6章 歯髄・根尖歯周組織疾患と免疫学

第II部 歯内療法の臨床 -基礎編-
第7章 無菌的処置
第8章 歯内療法の診 査・診断
第9章 症例選択,治療計画, 診療記録
第10章 応急処置
第11章 歯髄保護と歯髄保存療法
第12章 歯髄除去療法
第13章 根尖性歯周組織疾患の治療
第14章 根管形成
第15章 根管充塡
第16章 根管処置後の歯の修復
第17章 偶発事故の予防と処置

第III部 歯内療法の臨床 -応用編-
第18章 再根管治療
第19章 歯根吸収
第20章 歯の外傷
第21章 歯内ー歯周疾患
第22章 外科的歯内療法
第23章 歯の漂白


詳しい目次は、コチラをクリックして下さい。


序文を読みたい方は、こちらをクリックして下さい。

サンプルページ(画像をクリックして頂きますと大きなサイズで表示されます。)
エンドドンティクス301
エンドドンティクス302
エンドドンティクス303



テーマ: - ジャンル:本・雑誌

歯内療法カラーアトラス

エンドドンティクス21 歯内療法カラーアトラス

編集主幹:
須田 英明 (東京医科歯科大学大学院 歯髄生物学分野教授)
編集・著:
恵比須 繁之 (大阪大学大学院 歯科保存学分野教授)
川崎 孝一 (日本歯科大学新潟生命歯学部名誉教授)
中村 洋  (愛知学院大学歯学部 歯内治療学講座教授)
林 善彦  (長崎大学大学院 齲蝕学分野教授)
前田 勝正 (九州大学歯周疾患制御学分野教授)

B5判・200頁・オールカラー
定価(本体5,700円+税)
ISBN978-4-8160-1197-9

こちらの書籍を購入する

『エンドドンティクス21』のサイドブックとして待ち望まれた臨床アトラス版、登場!

・卒前歯科学生のみならず、卒直後の臨床研修歯科医、一般歯科臨床医必読の臨床アトラス。
・多数の長期症例を含み、11テーマ、45症例を収載。
・症例の概要、治療方針・計画・注意点、症例の選択、診査・術式上の注意点、治療・経過など一貫した症例紹介に努め、治療の流れと各ステップでのポイントがよくわかる。
・豊富な写真で、治療の流れを紹介。
・症例のはじめには、概要が簡潔にまとめられている。




もくじ

1  歯髄保存か? 抜髄か?
 症例1 辺縁漏洩(marginal leakage)による可逆性歯髄炎と歯痛錯誤
 症例2 生活歯に歯冠補綴装置を施したあと、誘発された根尖性歯周炎症例―歯髄保存の適否を判断するための歯髄診査・診断の重要性―
 症例3 間接覆髄の長期経過観察後、抜髄に至った症例─長期症例からリコール体制下での適切な抜髄時期を考える─
 症例4 中等度う蝕の修復治療後に、咬合痛と冷水痛が長期間持続した歯髄保存症例─刷掃指導と咬合調整の重要性を再認識する─

2  抜髄とその長期予後
 症例1 樋状根への抜髄後の再根管治療例─根尖病変の発生から適切な根管形態理解の必要性を学ぶ─
 症例2 抜髄後の歯肉縁下う蝕による再根管治療例─根尖病変発症から処置困難な部位のう蝕治療の重要性を学ぶ─
 症例3 長期に及ぶ根尖部違和感を有する歯の再根管治療例―根尖病変の原因の多くが未処置の根管にあることを再根管治療から学ぶ―
 症例4 抜髄後の疼痛発現に対する再根管治療例―根尖病変発生から発症までと根管充填から病変消失までの期間の長短から生体の組織抵抗性と治癒能力の大きさを学ぶ―

3  アペキシフィケーションとアペキソゲネーシス
 症例1 アペキシフィケーション―自発痛のある症例―
 症例2 アペキシフィケーション―瘻孔のある症例―
 症例3 アペキソゲネーシス―根未完成歯の歯髄炎にどのように対応するか―

4  感染根管治療とその予後
 症例1 歯性上顎洞炎―不完全な根管治療に起因した歯性上顎洞炎例―
 症例2 根管拡大の困難な感染根管治療例―高齢者の症例から感染根管治療がどこまで奏効するかを学ぶ―
 症例3 慢性根尖性歯周炎―径の太い感染根管への対応―
 症例4 穿孔を伴う慢性根尖性歯周炎―穿孔症例への対応―

5  偶発事故への対応
 症例1 医原性根尖性歯周炎―上顎中切歯シルバーポイントの突き出し―
 症例2 ファイルの折れ込み―上顎大臼歯近心頰側根管―
 症例3 残髄炎―温熱痛のある症例―
 症例4 残髄炎―自発痛と温熱痛のある症例―
 症例5 穿孔

6  再根管治療
 症例1 抜髄根管の不足根管充填―再治療時に生じた根管壁穿孔から適切な根管充填材除去の方法を学ぶ―
 症例2 臨床症状があるのにX線検査では異常所見が認められない再根管治療例―X線検査を過信することなく患者の訴えには必ず原因があることを学ぶ―
 症例3 2⏋および4⏋の再根管治療

7  歯根吸収
 症例1 歯頸部の特発性外部吸収─外科的掻爬部の修復処置の困難さと重要さを学ぶ─
 症例2 アペキシフィケーション後にみられた歯根内部の吸収─緊密な根管充填の重要性を学ぶ─
 症例3 内部吸収―根尖周囲に違和感のある症例―

8  歯の外傷
 症例1 歯髄充血を伴う不完全脱臼歯―外傷歯における歯髄保存の可能性と予後を学ぶ―
 症例2 脱落歯の再植―迅速かつ正確な診断および処置方法を学ぶ―
 症例3 歯冠破折―Minimal Intervention の理念に基づく接着性修復の有用性を理解する―
 症例4 陳旧性の水平性歯根破折―治療方針および予後を理解する―
 症例5 垂直性歯根破折をきたした根管処置歯の接着再建・再植―垂直性歯根破折歯の保存の可能性を考察する―

9  歯内-歯周疾患
 症例1 中心結節の破折に由来する歯内-歯周疾患―Ⅰ型病変(歯内病変由来型)―
 症例2 外歯瘻を併発した根分岐部病変
 症例3 上行性歯髄炎―外科的歯内療法(トライセクション)で治療した症例―

10  外科的歯内療法
 症例1 上顎小臼歯
 症例2 歯根破折
 症例3 根管内破折器具への対応
 症例4 意図的再植法

11  その他
    その他――①タウロドント(長胴歯)
 症例1 タウロドントの大きな根尖病変症例─急性期への対応と感染根管治療─
    その他――②陥入歯
 症例2 保存的歯内療法を施した陥入歯
 症例3 陥入歯への対応―Oehlers Type Ⅱ―
 症例4 陥入歯への対応―Oehlers Type Ⅲ―
 症例5 陥入歯への対応―Oehlers Type Ⅲ―
    その他――③歯科用CT
 症例 6 根尖部違和感の消失しない症例―フェネストレーションへの対応―
 症例 7 歯科用CTを用いた診断―切歯管嚢胞―




ニッケル・チタンファイル 基礎と臨床 -さらに効率と安全を追求した根管形成法-

ニッケル・チタンファイル

著者: 松本 光吉

B5判・184頁・一部カラー 
定価(本体価格6,200円+税)
ISBN4-8160-1156-0 C3047

こちらの書籍を購入する

ヨーロッパを中心に電気エンジンを用いた根管形成法が普及している。従来の方法と異なり、優れた超弾性・形状記憶合金であるニッケル・チタンファイルを用い、さらにコンピュータで回転数だけでなく、正回転・逆回転が自動的に制御できる新しい方法である。
-著者ー



目次抜粋

第1章 ニッケル・チタン
ニッケル・チタンが根管拡大用ファイル合金として適している理由

第2章 手用ニッケル・チタン
各社が発売している手用NiTiファイルの特色と使用法/臨床症例解説
  
第3章 電気エンジン用ニッケル・チタンファイル
特色と各社が発売している電気エンジンNiTiファイル
    
第4章 電気エンジンによる根管拡大・形成の利点と欠点
利点と欠点/従来の電気エンジンによる根管拡大・形成との違い/失敗を防ぐ方法       

第5章 各種根管拡大用電気エンジンと使用するNiTiファイル
エンドマスターとフレックスマスター/プチエンドとプロテーパー/メルファーエンドモーター
テクニカヴィジョン/TCMエンドとK3ファイル/アクセス・フレアースタータ、エアーマチックキットとクァンテックフレアー、アクセス/AX'S Endoとエンドフレアー、ヘロシェパー、ヘロアピカル
    
第6章 抜去歯での検討
上顎中切歯:太い根管、弯曲なし/上顎犬歯:細い根管、弯曲なし/上顎第一大臼歯:弯曲の少ない根管、細い根管/上顎第一大臼歯(器具破折例):細い弯曲根管、弯曲のない細い根管/下顎中切歯:弯曲なし、細い根管/下顎第一小臼歯:約15度の軽い弯曲、太い根管/下顎第一大臼歯:強い弯曲根管、細い根管
    
第7章 手用ファイルと電気エンジン用ファイルの併用
併用法の利点と欠点/臨床症例の検討
    
第8章 臨床症例の検討
抜髄症例と感染根管症例 他


歯内療法学論考

歯内療法学論考

著: 石橋眞澄

B5判上製・192頁
定価(本体価格6,500円+税)
1987・ISBN4-8160-1091-2


目次

1 ウ蝕と歯髄
2 歯髄炎に関する問題
3 歯内疾患と微生物
4 歯の解剖に関する2、3の問題
5 根管形成について
6 根管清掃について
7 側方加圧充填と垂直加圧充填
8 根管充填材と根尖歯周組織の反応
9 アペキシフィケーション
10 歯内-歯周疾患・ほか

 | HOME |  »

FC2Ad

 

プロフィール

永末書店書籍管理人

Author:永末書店書籍管理人
永末書店の書籍案内です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。