永末書店

永末書店の書籍案内ブログです。 新刊の情報もいち早くお知らせ致します。

2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SIMPLE TEXT 口腔外科の疾患と治療 第4版

SIMPLE TEXT 口腔外科の疾患と治療 第4版

編集主幹 : 栗田賢一 / 覚道健治
編集委員 : 柴田考典 / 又賀 泉 / 久保田英朗
B5判・600頁・オールカラー
定価(本体13,000円+税)
ISBN978-4-8160-1305-8

こちらの書籍を購入する

口腔外科の基本事項が理解しやすいようにシンプルにまとめた好評テキスト最新版。
疾患概念の変化や治療法の進歩に対応し、大幅改訂。豊富なカラー症例写真と簡明な箇条書きでポイントが視覚的に理解できる。歯科医師国家試験出題基準に準拠。


目次

本章
Ⅰ 先天異常・発育不全
Ⅱ 損傷
Ⅲ 炎症
Ⅳ 口腔粘膜疾患
Ⅴ 顎口腔領域の囊胞
Ⅵ 顎口腔領域の腫瘍および類似疾患
Ⅶ 顎関節・咀嚼筋疾患
Ⅷ 唾液腺疾患
Ⅸ 全身に関連する疾患
Ⅹ 神経疾患
Ⅺ 精神的要因が関与する病態
Ⅻ 血液疾患・出血性素因
ⅩⅢ 口腔顎顔面の機能障害

付章
付章Ⅰ 医療面接
付章Ⅱ 手術総論
付章Ⅲ 手術各論
付章Ⅳ 薬物療法
付章Ⅴ 理学療法、免疫療法
付章Ⅵ 癌治療前後の患者管理
付章Ⅶ 歯科医療の質と安全の確保
付録 検査項目の検査値
スポンサーサイト

顎骨再生と保全を目指した顎顔面美容口腔外科治療

顎骨再生と保全を目指した顎顔面美容口腔外科治療

監著:奥寺 元(医学博士)
東京形成歯科研究会 編

A4判上製・104頁・オールカラー
定価(本体12,000円+税)
ISBN978-4-8160-1246-4

こちらの書籍を購入する


多彩な症例からみる、新たな可能性を切り開くインプラント。

エビデンスデータに基づき、多数の臨床ケースの治療手順と可能性を把握しやすい構成で紹介。豊富な臨床写真により各ステップごとに解説。

長年インプラントを手がけてきた監修者が豊富な経験と研究に基づき、歯科臨床の領域拡大を目指した顎顔面口腔美容外科治療。



目次

CHAPTER 1
概論


CHAPTER 1-1 
顎顔面口腔美容外科(1)顎顔面再構成の理論と実際

CHAPTER 1-2 
顎顔面口腔美容外科(2)顎顔面再生臨床応用の各種手技

CHAPTER 1-3 
顎顔面口腔美容外科(3)インプラントの顎顔面再生における生理的効果


CHAPTER 2
顎顔面美容口腔外科 臨床症例の実際I


CHAPTER 2-1 
各部位から採取した自家骨を顎骨再生に応用した症例

CHAPTER 2-2
 
歯のない子どもたちへ笑顔を―先天性欠損歯症例における顔貌構成と維持―

CHAPTER 2-3 
インプラントを応用した前歯部反対咬合症例における顔貌回復

CHAPTER 2-4 
上下顎過歯槽骨増殖症いわゆるガミーフェイス症例の美容整形的改善

CHAPTER 2-5 
加齢および上顎前歯部欠損による骨吸収に起因する鼻唇溝改善症例

CHAPTER 2-6 
骨膜下インプラント除去後、新骨膜下インプラント(カスタム・エンドオステオル・インプラント)でリカバリーした症例


CHAPTER 3
顎顔面美容口腔外科 臨床症例の実際II


CHAPTER 3-1 
美しい歯冠形態を求めた審美的インプラント治療
—ペリオトームとBio-Esthetic Tissue Contouring Abutment を使用した症例—

CHAPTER 3-2 
上顎前歯部の含歯性嚢胞による著しい顎骨吸収を自家骨移植で回復した症例

CHAPTER 3-3 
上顎に残存歯とインプラントを併用した暫間ブリッジにより治療期間中の患者満足度を高めたインプラント症例
 
CHAPTER 3-4 
上顎洞底移植術を用いた顎骨再生の症例
 
CHAPTER 3-5 
上顎片側欠損症例に対するGBR およびインプラント治療と顎骨形態の検証
 
CHAPTER 3-6 
上顎審美領域における自家骨移植を伴う歯科インプラント治療を行った1症例
 
CHAPTER 3-7 
上顎前歯破折に対して抜歯即時インプラント埋入とGBR を行った症例
ボーンレベルを改善してプラットフォームシフティングを応用した前歯部インプラントによる審美的回復
 
CHAPTER 3-8 
ポジショニングに注意を払った上顎前歯部インプラント症例

CHAPTER 3-9 
各種骨補填材(α-TCP、β-TCP)と濃縮血小板(PRP、PRGF、CGF)を用いた抜歯窩の経年変化

CHAPTER 3-10 
母指頭大の歯根嚢胞による上顎前歯部の骨欠損を回復し顔貌所見を維持した症例
 
CHAPTER 3-11 
萎縮した顎骨にBMP2 を応用して顎骨と顔貌形態を回復した症例
 
CHAPTER 3-12 
上顎前歯欠損に対し、骨造成を伴ったインプラント治療により、長期間良好な審美的顔貌を保全している症例
 
CHAPTER 3-13 
TENS を応用した下顎運動解析診断システムによる下顎位の決定
 
CHAPTER 3-14 
インプラント治療におけるPRP を応用したトンネリングテクニック
 
CHAPTER 3-15
重度歯周疾患ならびに咬合支持喪失患者の治療例







改訂版 口腔顎顔面疾患カラーアトラス

改訂版口腔顎顔面疾患カラーアトラス
監修
道健一

編集
佐藤廣/白数力也/又賀泉/道健一/山根源之

執筆者
有家巧/有末眞/石橋克禮/植野茂/覚道健治/久保田英朗/古郷幹彦/坂下英明/
佐藤廣/下田恒久/白数力也/住吉周平/高井良招/中村武夫/南雲正男/西村均/
本田武司/又賀泉/道健一/虫本浩三/山岡稔/山根源之/山本美朗
(五十音順)

B5判・250頁・オールカラー
定価(本体価格9,000円+税)
ISBN978-4-8160-1242-6

こちらの書籍を購入する


実際の臨床で遭遇するほとんどの疾患を網羅した、カラー症例写真とX線写真で見る口腔顎顔面疾患診断のためのカラーアトラス。今回の改訂で最新の疾患分類・疾患概念に基づき記述を刷新。多数の疾患を一目で整理できる表形式の総論についても再構成した。


序 から抜粋
本書の初版はちょうど2000年に刊行された。その時の序で、21世紀の歯科医師は口腔科の専門医として、社会に貢献することが望まれると記したが、その傾向はますます増大している。そのために歯科医学の教育においては口腔・顎・顔面全体の疾患についての広い知識、特に診断能力と治療方針についての知識を身につけることが望まれている。
このような状況下では本書の存在価値が高まることが期待されるので、改訂し、刊行を続けることになった。当然のことながら、この10数年の間に医学、歯学は日進月歩で変化しているので、最新の疾患分類あるいは疾患概念に基づいて記述を書き改めた。ただし、症例写真は適切なものが多く、それ自体変わることはないので、基本的には、そのまま残すこととした。
初版の序で記したが、本書の編集方針は、学部学生や卒後研修医にも理解でき、一般臨床医や専門医、さらには従来よりも高い水準を目指す医療従事者にも役立つもので、しかも、あまり膨大にならないものを目指している。具体的には一般臨床医が遭遇する疾患の99.9%を網羅することを目標とした。残りの0.1%は稀な疾患であり、多くの人は一度も遭遇することがないものである。それにもかかわらず種類は多いので、これらを網羅しようとすれば書籍としては膨大なものになる。しかし、それらの疾患への対応を必要とするのは専門医、認定医なので、高度な手術など専門的な治療についての知識を含めて、専門書に任せるべきであると考えた。
執筆陣は全国私立歯科大学の教授を中心として構成されたが、初版の段階で期待通りに、適切な症例をいただくことができた。それらの症例は現在も新鮮さを失わないでいる。
道 健一



目次
■ 第1章 歯と歯周組織の疾患 ■
 1.歯の疾患
 2.歯周組織の疾患

■ 第2章 口腔・顔面の疾患 ■
 1.先天異常および発育異常
 2.損 傷
 3.感染症(付:炎症)
  A.細菌感染症
  B.ウイルス感染症
 4.囊 胞
  A.非歯原性囊胞
  B.歯原性囊胞
 5.腫瘍および類似疾患
  A.良性腫瘍
  B.悪性腫瘍
  C.腫瘍類似疾患
 6.口腔粘膜疾患および類似疾患
 7.唾液腺疾患
 8.神経疾患・いわゆる心因性病態

■ 第3章 顎・顎関節の疾患 ■
 1.先天異常および発育異常
  A.口蓋裂および類似疾患
  B.顎骨の異常
  C.骨系統疾患および類似疾患
 2.損 傷
  A.骨折
  B.顎関節外傷
 3.感染症
 4.囊胞および類似疾患
 5.腫瘍および類似疾患
  A.歯原性腫瘍
  B.非歯原性腫瘍
  C.腫瘍類似疾患
 6.顎関節疾患


サンプルページ(画像をクリックして頂きますと大きなサイズで表示されます。)
Sp72-73.jpg




第3版 SIMPLE TEXT 口腔外科の疾患と治療

第3版 SIMPLE TEXT 口腔外科の疾患と治療
編集:栗田賢一/覚道健治

B5判・576頁・オールカラー
定価(本体9,000円+税)
ISBN978-4-8160-1225-9

こちらの書籍を購入する

疾患概念の変化や治療法の進歩に対応し、大幅改訂。
豊富なカラー症例写真と簡明な箇条書きでポイントが視覚的に理解できる。


目次

I 先天異常・発育不全
1.総論
2.歯・口腔・顎・顔面の発育を障害する先天的疾患
3.小児の歯・口腔・顎疾患
4.顎変形症

II 損傷
1.総論
2.軟組織の損傷
3.歯の脱臼
4.歯の破折
5.骨折

III 炎症・アレルギー疾患
1.総論
2.口腔粘膜疾患および類似疾患
3.舌炎および類似疾患
4.口唇炎および類似疾患
5.歯肉炎および類似疾患
6.歯周組織の炎症
7.顎骨の炎症
8.顎骨周囲組織の炎症
9.歯性上顎洞炎
10.特異性炎(肉芽腫性炎)
11.歯性全身感染症
12.全身疾患に関連する炎症

IV 顎口腔領域の囊胞
1.総論
2.顎骨に発生する歯原性囊胞
3.軟組織に発生する歯原性囊胞
4.顎骨に発生する非歯原性囊胞
5.顎骨に発生する囊胞類似疾患
6.軟組織に発生する非歯原性囊胞

V 顎口腔領域の腫瘍および類似疾患
1.総論
2.歯原性腫瘍
3.非歯原性良性腫瘍
4.唾液腺腫瘍
5.非歯原性悪性腫瘍
6.口腔前癌病変
7.腫瘍類似疾患

VI 顎関節疾患
1.顎関節の構造と機能
2.顎関節疾患

VII 唾液腺疾患
1.総論
2.形態および機能異常
3.炎症性疾患
4.放射線障害
5.Frey 症候群
6.異物
7.囊胞
8.腫瘍
9.全身疾患に関連する病変

VIII 全身に関連する疾患
1.総論
2.感染症
3.アレルギー、自己免疫疾患、免疫不全
4.内分泌障害
5.代謝疾患
6.ビタミン欠乏症
7.薬物の副作用

IX 口腔領域の神経疾
1.総論
2.神経痛および他の疼痛性疾患
3.神経麻痺
4.神経痙攣
5.癌性疼痛

X 心因性疾患
1.心身相関
2.過換気症候群
3.口腔・頭蓋・顎顔面領域の心因性痛み
4.心理・精神機能検査
5.舌痛症
6.歯科治療恐怖症
附.いわゆる心身症

XI 血液疾患・出血性素因
1.総論
2.赤血球系疾患
3.白血球系疾患
4.出血性素因

XII 口腔顎顔面の機能障害
1.咬合異常と咀嚼障害
2.摂食・嚥下障害
3.言語障害
4.味覚障害

付章I 医療面接
1.医療面接
2.診療録
3.他の医療機関への紹介

付章II 手術総論
1.消毒・滅菌法
2.切開法
3.止血法
4.縫合法
5.注射法
6.移植
7.創傷の治癒

付章III 手術各論
1.抜歯
2.歯の移植および再植術、人工歯根埋入術
3.歯槽堤の手術
4.小帯の手術
5.浮動粘膜切除術(義歯性線維腫切除術)
6.唾液腺の手術
7.消炎療法
8.歯根尖切除術、囊胞の手術
9.腫瘍の手術
10.先天性・後天性異常の手術
11.再建手術
12.補綴的修復
13.顎骨骨折の手術
14.顎関節の手術

付章IV 薬物療法
1.歯性感染症の診断と薬物療法
2.歯性感染症の治療計画
3.抗菌薬の選択基準
4.使用抗菌薬の問題点
5.治療前後の患者管理
6.抗菌薬
7.抗炎症薬
8.抗悪性腫瘍薬
9.薬物の副作用

付章V 理学療法、免疫療法
1.理学療法
2.化学療法・免疫療法

付章VI 癌治療前後の患者管理

付章VII 歯科医療の質と安全の確保

歯科医師のための口腔顔面痛ハンドブック その痛みにこの処方

その痛みにこの処方

監修:仲西 修(九州歯科大学 歯科侵襲制御学分野教授)
編集:椎葉俊司(九州歯科大学 歯科侵襲制御学分野講師)

執筆者一覧(五十音順)
井川雅子、今村佳樹、金子明寛、黒川英雄、小谷順一郎、金銅英二、坂本英治、佐久間泰司、杉崎正志、瀬尾憲司、築山能大、冨永和宏、中村誠司、丹羽 均、別部智司、見崎 徹、和嶋浩一

A5判・オールカラー・100頁 
定価(本体3,500円+税)
ISBN978-4-8160-1190-0

こちらの書籍を購入する

● 口腔顔面部の痛みは、歯や歯周組織に原因があるとは限りません。診療の現場で疼痛疾患の患者さんが来院された際、痛みの本質を理解し、正しい診断と適切な投薬を行うための手引書としてお備えください。

● 歯科医師として知っておきたい疼痛疾患の「症状」「診断」「治療法」について、カラー写真を多用して簡潔に解説しました。「治療法」については薬剤治療の記述が中心になっています。原則「1症例、見開き2ページ」とし、読みやすさを重視しました。

● 疼痛疾患に関連した薬剤の知識が習得しやすいように編集しました。また、巻末の薬品検索は診療所で薬品を常備するときにお役に立ちます。

● 携帯できるポケッタブルなハンドブックですので、必要な時にその場で活用でき、適切な対応が可能になります。疼痛治療を志す学生、歯科医師の方々への入門書としても最適です。


Contents

Ⅰ.痛みと疾患
 1 粘膜の痛み 
   アフタ/口腔扁平苔癬/天疱瘡/カンジダ症/帯状疱疹/単純疱疹
 2 顎骨の痛み 
   ドライソケット/歯槽骨炎、骨膜炎/骨髄炎
 3 舌の痛み
   舌痛炎
 4 腺の痛み
   シェーグレン症候群/唾石症
 5 筋骨格系の痛み
   顎関節症/筋痛
 6 神経痛
   三叉神経痛/舌咽神経痛
 7 神経因性疼痛
   外傷性三叉神経ニューロパシー/帯状疱疹後神経痛/中枢痛(視床痛)
 8 神経血管性疼痛
   頭痛/狭心症
 9 その他
   側頭動脈炎/副鼻腔炎/非定型口腔痛/がん性疼痛/顔面神経麻痺/心因性疼痛

Ⅱ.ポイント
 1 局所麻酔は歯科の真骨頂
   痛くない局所麻酔/各局所麻酔薬の特徴/どうしても麻酔が奏功しない/
   下顎孔伝達麻酔は恐くない
 2 鎮痛剤!これだけはそろえよう!
   NSAIDs(非ステロイド抗炎症薬)の投与法と投与量/
   ちょっと変わった鎮痛薬
 3 知覚麻痺
   簡単な知覚の定量化/神経障害の予後予測
 4 関連痛って知ってますか?誤診の原因!?
   関連痛の発現機序/関連痛の鑑別法/関連痛のパターン
 5 患者さんの心が視えますか?
   うつ状態の把握と簡易精神療法
 6 知っておくと役立つブロック
   トリガーポイント注射
 7 捨てたもんじゃない理学療法
   光線療法/低周波治療器

薬品索引1:薬効群による分類
薬品索引2:五十音順

 | HOME |  »

FC2Ad

 

プロフィール

永末書店書籍管理人

Author:永末書店書籍管理人
永末書店の書籍案内です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。