永末書店

永末書店の書籍案内ブログです。 新刊の情報もいち早くお知らせ致します。

2008-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魅せる白い歯 ー審美修復の臨床と今後の展望についてー

魅せる白い歯


編集主幹 近藤隆一(近藤歯科)

著者   青島徹児(青島デンタルオフィス)

     高橋 登(タカハシデンタルオフィス)

     土屋 覚(Dent craft studio)
     土屋賢司(土屋歯科クリニック&works)
     菊池 薫(K*Dental Office)

     山本達郎(山本歯科医院)

     荒瀧友彦(東京歯科大学口腔インプラント学研究室)
     飯島俊一(東京歯科大学口腔インプラント学研究室)
     矢島安朝(東京歯科大学口腔インプラント学研究室)
(掲載順)

A4判・オールカラー・152頁
定価(本体3,000円+税)
ISBN978-4-8160-1193-1

こちらの書籍を購入する

・「最新式の・最先端をいく・最高水準の」を意味する、まさにSTATE OF THE ARTを実践しているプロフェッショナル達の、治療コンセプト&クリニカルケースが1冊に。

・「白い歯・美しい歯・輝く歯」にフォーカスをあて、患者のニーズに応えているドクター、歯科技工士のテクニックを公開!


目次

近藤流―魅せる白い歯
TOOTH WHITENING 近藤流

青島流―魅せる白い歯
『魅せる白い歯』の先にあるもの

高橋流―魅せる白い歯
魅力的なスマイルを演出するファクターとプロビジョナリゼーション

土屋流―魅せる白い歯
Tsuchiya Bro's style

山本流―魅せる白い歯
『ホワイトニング進化論』―コスメからエステへの転換

TDC―魅せるインプラント療法
インプラント審美修復―システムを使い分ける


スポンサーサイト

う蝕学 -チェアサイドの予防と回復のプログラム-

う蝕学


編集:
田上順次(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科う蝕制御学分野 教授)
花田信弘(国立保健医療科学院口腔保健部 部長)
桃井保子(鶴見大学歯学部第一歯科保存学教室 教授)

A4判・オールカラー・256頁
定価(本体8,500円+税) 
ISBN978-4-8160-1192-4

こちらの書籍を購入する

「削って、詰める」治療から「う蝕にしない、う窩にしない」ための確かな診断へ

●学生向け教科書としてだけでなく、チェアサイドですぐに役立つよう前半の臨床編を充実させました。後半の基礎編で科学的根拠を学べます。
●臨床編では出生前から要介護者まで、各ライフステージごとのう蝕治療と予防の具体例が詳述されており、診断の手引きとして即役立ちます。


目次

第I部 総論
第1章 う蝕のライフサイクルと予防
1.ライフサイクルとう蝕/2.一次予防と二次予防

第2章 う蝕治療におけるミニマルインターベンション
1.歯の寿命と喪失予防/2.う蝕への対応と修復歯の管理

第II 部 臨床編
第1章 歯の萌出前
1.リスク評価と予防/2.診査、診断、治療方針

第2章 幼年期(1~5歳)
1.リスク評価と予防/2.診査、診断、治療方針/3.処置/4.メインテナンス

第3章 学齢期(6~15 歳)
1.リスク評価と予防/2.診査、診断、治療方針/3.処置/4.メインテナンス/5.学齢期の6番を守る

第4章 青年期(16 ~24 歳)
1.リスク評価と予防/2.診査、診断、治療方針/3.処置/4.メインテナンス/5.症例

第5章 壮・中年期(25 ~64 歳)
1.壮年期・中年期のリスク評価/2.予防と再石灰化(回復)のプログラム/3.診査、診断、治療方針/4.対処/5.修復治療/6.メインテナンス

第6章 高年期(65 歳~)
1.リスク評価と予防/2.診査、診断、治療方針/3.処置/4.メインテナンス

第7章 要介護者
1.要介護者とは/2.要介護者と歯科治療/3.要介護者とリスク/4.要介護者のう蝕の診断と治療/5.要介護者と口腔ケア

第III 部 臨床を支える知識と技術編
第1章 う蝕のリスク評価
1.う蝕のリスク要因と評価法/2.チェアサイドにおける唾液検査の位置づけとその活用/3.生活習慣調査/4.口腔内状態からのリスク評価

第2章 初期う蝕診断の新技術
1.QLF 初期う蝕検出・診断システム/2.レーザーを用いたう蝕診断

第3章 う蝕の予防法(セルフケア)
1.ブラッシング/2.フッ化物洗口/3.食品によるう蝕予防/4.歯磨剤

第4章 う蝕の予防法(プロフェッショナルケア)
1.PMTC 池見宅司/2.口腔細菌の制御技術-う蝕予防におけるDentalDrug Delivery System(3DS)の役割-/3.シーラント

第5章 再石灰化療法
1.歯質の再石灰化とその機序/2.初期エナメル質病変の再石灰化/3.再石灰化処置の臨床的アプローチ

第6章 ドライマウスへの対応
1.ドライマウス患者に見られるう蝕への対応

第IV部 基礎編
第1章 歯と唾液
1.永久歯の構造と組成/2.唾液の基礎/3.ドライマウスの疫学と原因/4.ドライマウスの診断と治療

第2章 永久歯う蝕の病態と診断
1.う蝕の原因/2.う蝕の病態/3.基本的なう蝕の診査法

第3章 う蝕とフッ化物
1.歯のフッ素症とその原因解明/2.フッ化物応用の安全性/3.う蝕予防のメカニズム/4.専門的応用法/5.自己応用法/6.公衆衛生的応用法

第4章 乳歯う蝕の特徴と病態
1.乳歯う蝕の特徴/2.永久歯との違い

第5章 う蝕とミュータンスレンサ球菌
1. ミュータンスレンサ球菌の自然史/2. ミュータンスレンサ球菌のう蝕病原性/3. 生態学的視点から見た、う蝕とミュータンスレンサ球菌

第6章 う蝕と食品
1. う蝕と食べ物/2.う蝕と飲み物

第7章 う蝕と代用甘味料
1.スクロースはなぜう蝕をつくるのか/2.代用甘味料とは/3.代用甘味料の性質/4.代用甘味料によるう蝕予防は可能か/5.代用甘味料を含む機能性食品と表示

第8章 う蝕の疫学データ
1.発症要因/2.う蝕の状況/3.根面う蝕の状況/4.う蝕と全身との関連

第9章 う蝕の歴史
1.農耕がう蝕をもたらした/2.弥生人骨に見るう蝕および歯槽骨吸収の状態/3.弥生人と現代人のう蝕の違い/4.弥生人の歯周病の原因はなにか

附録 唾液検査キット一覧




以下の箇所に関して誤りがございましたので、
ここに訂正するとともに深くお詫び申し上げます。


● 1ページ 執筆者一覧 以下のように訂正いたします。

北村雅保 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科社会医療科学講座口腔保健学 助教

西川原総生 国立保健医療科学院口腔保健部 協力研究員



● 207ページ(第IV部、第5章 う蝕とミュータンスレンサ球菌)5行目

「う蝕細菌」→「う蝕病原性細菌」に訂正いたします。


2008年3月20日 永末書店


 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

永末書店書籍管理人

Author:永末書店書籍管理人
永末書店の書籍案内です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。