永末書店

永末書店の書籍案内ブログです。 新刊の情報もいち早くお知らせ致します。

2008-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご注文メールアドレスの変更

本日より、メールでご注文頂く場合、
以下のメールアドレスよりご注文下さい。


order@nagasueshoten.co.jp


メールアドレスのみ変更です。

お電話、FAXは変更ございません。

宜しくお願い致します。



スポンサーサイト

ラタイチャーク カラーアトラス歯周病学 第3版

ラタイチャーク カラーアトラス歯周病学 第3版

著:Herbert F.Wolf  Edith M.&Klaus H.Rateitschak
監修:日本臨床歯周病学会
総監訳:加藤 熈/大口弘和 
監訳:船越栄次/川崎 仁/鈴木文雄

A4判・ハードカバー・532頁・オールカラー
定価(本体37,000円+税)
ISBN 978-4-8160-1196-2

こちらの書籍を購入する

科学的発見と臨床評価が一目で解る歯周病学の最高傑作!

本書は、ドイツのThieme社が出版し、初版はThe Book of Yearを受賞したベストセラーである。この権威ある改新された第3版には、広範囲にわたる最新の研究結果が、フルカラーのイラストを添えて実用的な大要と共に包括されている。最新の理論と臨床の概念を重視し、科学的発見と臨床評価が一目で解る情報が入った最高傑作である。
歯周病の治療を充実させようとする歯科臨床医、および歯周病研究従事者、学生が、最良の歯周治療と患者ケアに自信を持つために、必要不可欠な一冊である。


<本書の主な内容と特徴>
 1.歯周病の基礎知識の充実。特に病因論と病理学、微生物学、および免疫学
 2.治療法の考え方と着実な手順の図説・解説
 3.合併症や失敗の回避を含む専門家からのヒントと秘訣
 4.HIV感染者の口腔治療方法
 5.最新の診査・診断法
 6.初期段階でのリスク要因の全体評価
 7.GTR(Guided Tissue Regeneration)を含む保存療法・外科療法
 8.歯周基本治療から歯周外科まで
 9.根分岐部病変と治療
 10.歯肉歯槽粘膜形成術

目次

I 基礎
 序論、歯周病/歯周組織の構造生物学/病因と発病のメカニズム/微生物学/歯周病発病のメカニズム―宿主反応と防御能力/指数/疫学

II 病気の実態と診断
 プラーク関連性歯周病の種類/潰瘍性 歯肉炎•歯周炎/ホルモンが関与する歯肉炎/歯周炎/全身的疾患に関連して歯周組織に現れる病的変化/HIV感染―エイズ/歯肉退縮/データ収集―診断―予後/追加診断―検査/宿主反応の検査―リスク/予防

III 治療法
 炎症性歯周病の治療/歯周組織の創傷治癒/歯周治療前の全身的管理期/緊急治療/歯周治療第1期/基本治療1―患者による口腔清掃/基本治療1―口腔清掃の効果を高める状況づくり/歯周治療第1期/FMT―全顎療法/薬物療法/歯周治療第2期/フラップ手術/アクセスフラップ手術-オープンフラップデブライドメント(OFD)-Widman改良フラップ手術(MWF)/再生療法/切除療法―ポケット除去―歯槽骨外科手術/歯肉切除術と歯肉整形術/根分岐部病変―根分岐部の治療/歯肉歯槽粘膜形成術/歯肉退縮の被覆/結合組織移植による歯肉退縮部位の被覆/組織再生誘導法―GTRによる歯肉退縮部の被覆範囲/歯周治療学―歯内療法学/歯周治療第3期―歯周メインテナンス療法―リコール

IV サポーティブセラピー
機能―機能理論/矯正治療/固定/歯周補綴1―標準的な治療法/歯周補綴2―補足的特殊な治療法、審美/インプラント

V 補遺
老年歯周病学―高齢者の歯周組織/歯周病の分類/回想―個人的歯周病学



サンプルページ(クリックすると大きな画像が現れます)

007

042

342

396

457

491

511



このたびは、下記リンク先の箇所に関して誤りがございましたので、
ここに訂正するとともに深くお詫び申し上げます。

『ラタイチャーク カラーアトラス歯周病学 第3版』正誤表


歯内療法カラーアトラス

エンドドンティクス21 歯内療法カラーアトラス

編集主幹:
須田 英明 (東京医科歯科大学大学院 歯髄生物学分野教授)
編集・著:
恵比須 繁之 (大阪大学大学院 歯科保存学分野教授)
川崎 孝一 (日本歯科大学新潟生命歯学部名誉教授)
中村 洋  (愛知学院大学歯学部 歯内治療学講座教授)
林 善彦  (長崎大学大学院 齲蝕学分野教授)
前田 勝正 (九州大学歯周疾患制御学分野教授)

B5判・200頁・オールカラー
定価(本体5,700円+税)
ISBN978-4-8160-1197-9

こちらの書籍を購入する

『エンドドンティクス21』のサイドブックとして待ち望まれた臨床アトラス版、登場!

・卒前歯科学生のみならず、卒直後の臨床研修歯科医、一般歯科臨床医必読の臨床アトラス。
・多数の長期症例を含み、11テーマ、45症例を収載。
・症例の概要、治療方針・計画・注意点、症例の選択、診査・術式上の注意点、治療・経過など一貫した症例紹介に努め、治療の流れと各ステップでのポイントがよくわかる。
・豊富な写真で、治療の流れを紹介。
・症例のはじめには、概要が簡潔にまとめられている。




もくじ

1  歯髄保存か? 抜髄か?
 症例1 辺縁漏洩(marginal leakage)による可逆性歯髄炎と歯痛錯誤
 症例2 生活歯に歯冠補綴装置を施したあと、誘発された根尖性歯周炎症例―歯髄保存の適否を判断するための歯髄診査・診断の重要性―
 症例3 間接覆髄の長期経過観察後、抜髄に至った症例─長期症例からリコール体制下での適切な抜髄時期を考える─
 症例4 中等度う蝕の修復治療後に、咬合痛と冷水痛が長期間持続した歯髄保存症例─刷掃指導と咬合調整の重要性を再認識する─

2  抜髄とその長期予後
 症例1 樋状根への抜髄後の再根管治療例─根尖病変の発生から適切な根管形態理解の必要性を学ぶ─
 症例2 抜髄後の歯肉縁下う蝕による再根管治療例─根尖病変発症から処置困難な部位のう蝕治療の重要性を学ぶ─
 症例3 長期に及ぶ根尖部違和感を有する歯の再根管治療例―根尖病変の原因の多くが未処置の根管にあることを再根管治療から学ぶ―
 症例4 抜髄後の疼痛発現に対する再根管治療例―根尖病変発生から発症までと根管充填から病変消失までの期間の長短から生体の組織抵抗性と治癒能力の大きさを学ぶ―

3  アペキシフィケーションとアペキソゲネーシス
 症例1 アペキシフィケーション―自発痛のある症例―
 症例2 アペキシフィケーション―瘻孔のある症例―
 症例3 アペキソゲネーシス―根未完成歯の歯髄炎にどのように対応するか―

4  感染根管治療とその予後
 症例1 歯性上顎洞炎―不完全な根管治療に起因した歯性上顎洞炎例―
 症例2 根管拡大の困難な感染根管治療例―高齢者の症例から感染根管治療がどこまで奏効するかを学ぶ―
 症例3 慢性根尖性歯周炎―径の太い感染根管への対応―
 症例4 穿孔を伴う慢性根尖性歯周炎―穿孔症例への対応―

5  偶発事故への対応
 症例1 医原性根尖性歯周炎―上顎中切歯シルバーポイントの突き出し―
 症例2 ファイルの折れ込み―上顎大臼歯近心頰側根管―
 症例3 残髄炎―温熱痛のある症例―
 症例4 残髄炎―自発痛と温熱痛のある症例―
 症例5 穿孔

6  再根管治療
 症例1 抜髄根管の不足根管充填―再治療時に生じた根管壁穿孔から適切な根管充填材除去の方法を学ぶ―
 症例2 臨床症状があるのにX線検査では異常所見が認められない再根管治療例―X線検査を過信することなく患者の訴えには必ず原因があることを学ぶ―
 症例3 2⏋および4⏋の再根管治療

7  歯根吸収
 症例1 歯頸部の特発性外部吸収─外科的掻爬部の修復処置の困難さと重要さを学ぶ─
 症例2 アペキシフィケーション後にみられた歯根内部の吸収─緊密な根管充填の重要性を学ぶ─
 症例3 内部吸収―根尖周囲に違和感のある症例―

8  歯の外傷
 症例1 歯髄充血を伴う不完全脱臼歯―外傷歯における歯髄保存の可能性と予後を学ぶ―
 症例2 脱落歯の再植―迅速かつ正確な診断および処置方法を学ぶ―
 症例3 歯冠破折―Minimal Intervention の理念に基づく接着性修復の有用性を理解する―
 症例4 陳旧性の水平性歯根破折―治療方針および予後を理解する―
 症例5 垂直性歯根破折をきたした根管処置歯の接着再建・再植―垂直性歯根破折歯の保存の可能性を考察する―

9  歯内-歯周疾患
 症例1 中心結節の破折に由来する歯内-歯周疾患―Ⅰ型病変(歯内病変由来型)―
 症例2 外歯瘻を併発した根分岐部病変
 症例3 上行性歯髄炎―外科的歯内療法(トライセクション)で治療した症例―

10  外科的歯内療法
 症例1 上顎小臼歯
 症例2 歯根破折
 症例3 根管内破折器具への対応
 症例4 意図的再植法

11  その他
    その他――①タウロドント(長胴歯)
 症例1 タウロドントの大きな根尖病変症例─急性期への対応と感染根管治療─
    その他――②陥入歯
 症例2 保存的歯内療法を施した陥入歯
 症例3 陥入歯への対応―Oehlers Type Ⅱ―
 症例4 陥入歯への対応―Oehlers Type Ⅲ―
 症例5 陥入歯への対応―Oehlers Type Ⅲ―
    その他――③歯科用CT
 症例 6 根尖部違和感の消失しない症例―フェネストレーションへの対応―
 症例 7 歯科用CTを用いた診断―切歯管嚢胞―




 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

永末書店書籍管理人

Author:永末書店書籍管理人
永末書店の書籍案内です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。