永末書店

永末書店の書籍案内ブログです。 新刊の情報もいち早くお知らせ致します。

2009-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHINBI ~患者さんの素敵な笑顔のために~

症例から学ぶ審美修復成功のポイント
SHINBI

コーディネーター
小濱忠一
執筆者
植松厚夫/大河雅之/大谷一紀/絹田宗一郎/佐々木猛/
瀬戸延泰/高井基普/千葉豊和/行田克則/日高豊彦/
藤田大樹/船登彰芳/松川敏久/六人部慶彦/山崎治
(五十音順)

A4判・160頁・オールカラー
定価(本体3,800円+税)
ISBN978-4-8160-1205-1

こちらの書籍を購入する

数ある審美修復材料の中で、何を、どのように用いるべきなのか?
22の日常臨床例から学ぶ、一歩上を目指す歯科医師のための1冊


◆I章では、22症例について、それぞれ見開き4ページでコンパクトに掲載。最初の見開きページにて、術前・術後における押さえておくべきポイントと材料選択のポイントを明示。次の見開きページにて、臨床術式の概要を提示した。できるだけ、用いられている材料の透過度が高く、症例規模の小さい症例から順番に構成。日常臨床での症例から、審美修復成功のポイントを学ぶことができる。

◆II章では、審美修復成功のためのキーとなる「設計」「支台歯形成」「プロビジョナルレストレーション」「セメンテーション」の4テーマについて、基本的事項と手技を整理。

◆III章では、硬質レジン前装冠からCAD/CAMオールセラミックスまで、ほぼすべての審美修復材料を取り上げ、それらの特徴を整理するとともに適応症について概観した。資料としても使える。また、審美材料の中でも特にオールセラミック材料については、「強度」と「色調」をキーワードとして捉え整理。臨床上の注意点についてもまとめた。



CONTENTS


I章 症例から学ぶ審美修復成功のポイントと材料選択

Case 1
幅径に問題がある症例に対して酸化アルミナクラウンとアデッショナルベニアで対応/日豊彦
Case 2
矯正治療をすることで適正な歯冠形態を付与/藤田大樹
Case 3
白い補綴歯にしてほしいという患者のニーズにホワイトニングとプロビジョナルレストレーションの色調にて対応/大谷一紀
Case 4
歯軸を変えて補綴してある前歯に対して矯正治療で歯軸から改善/藤田大樹
Case 5
支台歯の変色がオールセラミックレストレーションの色調に大きく影響してしまった症例/藤田大樹
Case 6
上顎左側側切歯単独歯欠損症例にインプラント補綴を応用/船登彰芳
Case 7
異なる支台歯の条件を適切なマテリアルの選択で対応/瀬戸延泰
Case 8
形態の再評価とマテリアルの選択を誤り最終補綴物の製作に苦労した症例/藤田大樹
Case 9
不整合な歯肉ラインを有する上顎前歯部に対して歯肉弁根尖側移動術による歯冠長延長術で対応/佐々木猛
Case 10
重度に変色した歯根を明るくするためファイバーコアでの支台築造とオールセラミックスで対応/大谷一紀
Case 11
矯正治療およびインプラント治療をおこなわずオールセラミックスを用いた接着ブリッジで対応した一歯欠損/植松厚夫
Case 12
歯肉との調和を求めるために歯肉のホワイトニング後にオールセラミックスにて修復/松川敏久
Case 13
縁下深いフィニッシュラインの設定にルーティングセメントで対応したジルコニアクラウン/大谷一紀
Case 14
妥協的に審美的解決を図るためにジルコニアブリッジを応用/船登彰芳
Case 15
上顎左右側切歯部欠損に対しインプラント埋入後、上顎4前歯をジルコニア・オールセラミッククラウンにて対応/千葉豊和
Case 16
咬合力のかかる大臼歯部におけるジルコニアフレームデザインの重要性/植松厚夫
Case 17
強度が必要となる下顎4臼歯をジルコニアクラウンで治療―支台歯形成の状況から、光学スキャンでのコーピング製作システムを採用―/千葉豊和
Case 18
診断用ワックスアップにより適切な審美改善を図りプロビジョナルレストレーションにより咬合支持を確立/植松厚夫
Case 19
高い審美的要求に応えるためにGingival levelの改善とオールセラミックスにて対応/松川敏久
Case 20
形成量の制限のある生活歯に対して強度確保のために陶材焼付鋳造冠を適用/行田克則
Case 21
長期的なアンテリアガイダンス確保のために陶材焼付鋳造冠で連結/行田克則
Case 22
オペーキーな隣在歯を考慮しファイバーポストレジンコアと歯冠修復用マイクロハイブリッドレジンで対応/高井基普


II章 審美修復成功のための臨床術式

ブリッジにおける設計の基本的考え方―連結およびポンティックデザイン―/植松厚夫

オールセラミッククラウンの適合精度を高めるための支台歯形成―ジルコニアブロックを削り出すCAD/CAMシステムの場合を中心に―/六人部慶彦

プロビジョナルレストレーションの活用―/千葉豊和

オールセラミック修復におけるセメンテーション―接着性レジンセメントシステム「レジセム」を中心に―/大河雅之


III章 審美修復材料の特徴と比較

審美修復成功のために押さえておきたい各種材料の特徴/絹田宗一郎

審美修復成功のために押さえておきたいオールセラミックスの「強度」と「色調」/山 治


スポンサーサイト

スタディ 歯科薬理学

模式図・表で理解、問題で実践力アップ
スタディ歯科薬理学

監修:柳澤慧二
著 :山根明

B5判・216頁・2色刷
定価(本体3,800円+税)
ISBN978-4-8160-1203-7

こちらの書籍を購入する

独学に便利と反響をいただいている好評シリーズ最新刊。確実に点を取りたい歯科薬理学を「本文」→「表」→「問題」の3ステップで、系統立てて理解・暗記しやすいように構成・編集。本文を二段階にレベル分けし、各項目の最も基本的な内容を大きな活字とすることでポイントが一目瞭然。挿入された模式図、表が記憶を助ける。各章ごとに歯科医師国家試験の過去問題を中心とした練習問題付きで、内容理解度を確認できる。


目次

薬理学総論
1 薬理学・歯科薬理学の意義、薬理作用
2 薬理作用の機序
3 薬物の適用方法
4 薬物動態
5 薬物の作用に影響を与える因子
6 薬物の副作用、有害作用
7 医薬品の法規、分類、保管、表示、調剤、適用上の注意、開発などの基本事項

歯科薬理学各論
1 抗炎症薬・解熱鎮痛薬
2 病原微生物に作用する薬物
3 消毒及び防腐に用いられる薬物
4 腐蝕薬及び収斂薬
5 局所麻酔薬
6 鎮痛薬
7 止血薬
8 薬物中毒の治療薬

一般薬理学各論
1 免疫機能に作用する薬物
2 悪性腫瘍に用いられる薬物
3 硬組織(骨・歯)に作用する薬物
4 唾液腺に作用する薬物
5 体液の平衡に作用する薬物
6 ホルモン及びホルモン拮抗薬
7 ビタミン
8 末梢神経系に作用する薬物
9 中枢神経系に作用する薬物
10 オータコイド

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

永末書店書籍管理人

Author:永末書店書籍管理人
永末書店の書籍案内です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。