永末書店

永末書店の書籍案内ブログです。 新刊の情報もいち早くお知らせ致します。

2011-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MIコンセプトに基づく 審美歯科治療

Minimal Intervention & Cosmetic Dentistry
MIコンセプトに基づく 審美歯科治療

【コーディネーター・執筆】
宮崎真至(日本大学歯学部保存学教室修復学講座)

【執筆】
青島徹児(青島デンタルオフィス)
秋本尚武(鶴見大学歯学部歯科保存学第一講座)
植松厚夫(ウエマツ歯科医院)
枝川智之(パシャデンタルラボラトリー)
大谷一紀(大谷歯科クリニック)
大森かをる(鶴見大学歯学部歯科保存学第一講座)
岡口守雄(岡口歯科クリニック)
川本善和(アース歯科クリニック)
北原信也(ノブデンタルオフィス)
貞光謙一郎(貞光歯科医院)
土屋和子(スマイルケア)
永井茂之(永井歯科診療室)
中塚稔之(株式会社 松風 研究開発部第二研究室)
泥谷高博(ひじや歯科医院)
日野浦 光(日野浦歯科医院)
(五十音順)

A4判・160頁・オールカラー
定価(本体4,500円+税)
ISBN978-4-8160-1222-8

こちらの書籍を購入する

■「MiCD:Minimally Invasive Cosmetic Dentistry」という歯科治療の新たな概念とともに審美歯科治療を行うために必要な知識と技術がわかりやすく紹介されています。

■臨床におけるテクニックについては豊富な臨床例を交えて解説。修復処置の中でMiCDがどのように関わっているか、ホワイトニングやメインテナンスの重要性、技工操作の勘どころなどが理解できます。

■治療手順の中で、適したアイテムをできるだけ細かく紹介。巻末付録には、MI治療に適したアイテムを整理しました。コーディネーター宮崎真至教授の解説付きです。



目次

第Ⅰ部 サイエンス
審美歯冠修復のトレンド

MiCDの概念
MiCDの概念をまとめる

GIOMER
PRG技術(Pre-Reacted Glass-ionomer Technology)を応用した
 GIOMER(ジャイオマー)における開発の経緯とその特徴
GIOMERの臨床応用

第Ⅱ部 テクニック
審美歯冠修復の実際

歯冠修復
コンポジットレジン修復
・MiCD概念に基づいたAnterior Direct Bonding Restorations
・ClassⅢ 唇側開放型Ⅰベーシック
・ClassⅢ 口蓋側開放型Ⅲアドバンス
・最小の侵襲で天然歯咬合面形態を再現した臼歯Ⅰ級症例
・三次元的な形態のバランスを意識することで、審美的な修復を達成する
・適切な隣接面形態を付与することで、歯間乳頭を再生する
・最小の侵襲と適切な歯質削除で審美を獲得する
・色調と形態のバランスで審美障害を回復する

ラミネートベニア修復
・ポーセレンラミネートベニアを用いて患者の希望する色・形態・歯列を獲得した症例
・ビューティコートのラミネートベニア修復への応用 1
・ビューティコートのラミネートベニア修復への応用 2

歯冠修復
・セラミックオーバーレイの臼歯部への応用
・矯正治療後の歯冠形態改善にラミネートベニアを用いた症例
・接着をポイントとした審美的歯冠修復物の形成
・間接歯冠修復用コンポジットレジンによる形成および接着のポイント
・ホワイトニングを併用したジルコニアクラウンによる前歯部歯冠修復
・間接法によるポーセレンラミネートベニア修復
・直接法によるコンポジットレジンラミネーベニア修復

ホワイトニング

コート材の応用
・歯面コーティング材による審美処置のシミュレーション

生活歯のホワイトニング
・診査診断に基づくホワイトニングから始まる審美歯冠修復治療

メインテナンス
・MiCDを成功に導くメインテナンス

技工操作
・ポーセレンラミネートベニアの製作法

付録
 MiCD治療に適したアイテム

詳しい目次はこちら


サンプルページ(画像をクリックして頂きますと大きなサイズで表示されます。)
MIコンセプトに基づく審美歯科治療

MIコンセプトに基づく審美歯科治療






スポンサーサイト

2011年、ゴールデンウィークに伴う出荷スケジュールのお知らせ

新緑の候、皆様におかれましては、ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。
平素は、弊社書籍をご愛顧頂き厚く御礼申し上げます。


ゴールデンウィーク中の出荷スケジュール
最終出荷 4月28日の午前受付分まで
出荷開始 5月6日より通常出荷

ゴールデンウィーク中のご注文は、5月6日以降の発送となります。

何卒ご了承下さい。

株式会社 永末書店

改訂 歯科診療のための内科

改訂 歯科診療のための内科

編著:子島潤/宮武佳子/深山治久/森戸光彦

B5判・432頁・2色刷
定価(本体7,600円+税)
ISBN978-4-8160-1226-6

こちらの書籍を購入する

■日常臨床で遭遇する内科学的疾患ごとに、原因、病態、歯科診療時の注意点、緊急事態を回避するための知識などについてわかりやすくまとめた好評書籍の改訂版。
■日々、進歩する内科学の実情に即し、糖尿病、高血圧症などの各種治療ガイドラインを最新版に更新。遭遇頻度の高い疾患を新たに追加しました。


目次

第I章 いざというときの基本的知識
1.患者を救うための基本的知識
 A.救命処置 life support/B.失神 syncope/C.アナフィラキシーショック anaphylactic shock
2.自分の身を守るための知識 針刺し事故対策

第II章 歯科診療に必要な疾患の知識
Section ● 1 循環器
1.心不全 heart failure(HF)
2.虚血性心疾患 ischemic heart disease
 A.心筋梗塞 myocardial infarction(MI)/B.狭心症 angina pectoris
3.心臓弁膜症・先天性心疾患
 A.心臓弁膜症 valvular heart disease/B.先天性心疾患 congenital heart disease
4.感染性心内膜炎 infective endocarditis(IE)
 A.心臓弁膜症 valvular heart disease
5.不整脈 cardiac arrhythmia
 A.不整脈とは/B.各種不整脈の概略
6.高血圧 hypertension

Section ● 2 呼吸器
1.気管支喘息 bronchial asthma
2.慢性閉塞性肺疾患 chronic obstructive pulmonary disease(COPD)
3.肺炎 pneumonia
 A.概略/B.誤嚥性肺炎(嚥下性肺炎)aspiration pneumonia/C.特発性肺線維症 idiopathic pulmonary fibrosis
4.肺血栓塞栓症 pulmonary thromboembolism(PTE)
5.睡眠時無呼吸症候群 sleep apnea syndrome(SAS)
6.過換気症候群 hyperventilation syndrome
7.肺結核 pulmonary tuberculosis
● 禁煙指導

Section ● 3  消化器
消化器疾患
 A.概略/B.消化器疾患各論

Section ● 4 肝疾患
肝疾患
 A. 概略/B.肝疾患各論

Section ● 5 腎疾患
腎疾患
 A. 概略/B.慢性腎臓病/C.腎疾患各論

Section ● 6 代謝疾患
代謝疾患
 A.概略/B.糖尿病/C.脂質異常症/D.高尿酸血症 hyperuricemia 痛風 gout/E.肥満症 obesity/F.ビタミン欠乏症と過剰症/G.骨粗鬆症

Section ● 7 内分泌
内分泌
 A.甲状腺疾患/B.副腎皮質疾患

Section ● 8 血液
1.貧血 anemia
 A.概略/B.貧血各論
2.出血性素因
 A.血管の異常により出血傾向を示す病気1) アレルギー性紫斑病(シェーンライン・ヘノッホ Schönlein-Henoch 紫斑病)2) ビタミンC欠乏症(壊血病)/B.血小板の異常により出血傾向を示す病気1) 特発性血小板減少性紫斑病 idiopathic thrombocytopenic purpura(ITP)2) 血栓性血小板減少性紫斑病 thrombotic thrombocytopenic purpura(TTP)/C.血液凝固異常により出血傾向を示す疾患/D.血小板減少・凝固因子低下・線溶系亢進が複合して起こる出血傾向
3.白血病 leukemia
 A.概略/B.白血病各論
4.悪性リンパ腫 malignant lymphoma
5.多発性骨髄腫 multiple myeloma

Section ● 9 神経・筋疾患
神経・筋疾患
 A.概略/B.脳血管障害(脳卒中)cerebrovascular disease(stroke)/C.変性疾患/D.感染性疾患/E.筋疾患/F.てんかん epilepsy/G.神経の症候/H.うつ depression

Section ● 10 自己免疫疾患
自己免疫疾患
 A.概略/B.全身性自己免疫疾患

Section ● 11 感染症
感染症 infectious disease


第III章 医療者としての基本的心得
1.医療者としての基本的態度
 A.診療能力を高めるために必要な理念/B.患者との信頼関係を築くために必要な診療理念/C.診察の基本的手順
2.歯科診療室における医療面接の実際
3.付録

参考図書
索引

詳しい目次(ZIP圧縮PDFデータ322kb)をダウンロード








第3版 SIMPLE TEXT 口腔外科の疾患と治療

第3版 SIMPLE TEXT 口腔外科の疾患と治療
編集:栗田賢一/覚道健治

B5判・576頁・オールカラー
定価(本体9,000円+税)
ISBN978-4-8160-1225-9

こちらの書籍を購入する

疾患概念の変化や治療法の進歩に対応し、大幅改訂。
豊富なカラー症例写真と簡明な箇条書きでポイントが視覚的に理解できる。


目次

I 先天異常・発育不全
1.総論
2.歯・口腔・顎・顔面の発育を障害する先天的疾患
3.小児の歯・口腔・顎疾患
4.顎変形症

II 損傷
1.総論
2.軟組織の損傷
3.歯の脱臼
4.歯の破折
5.骨折

III 炎症・アレルギー疾患
1.総論
2.口腔粘膜疾患および類似疾患
3.舌炎および類似疾患
4.口唇炎および類似疾患
5.歯肉炎および類似疾患
6.歯周組織の炎症
7.顎骨の炎症
8.顎骨周囲組織の炎症
9.歯性上顎洞炎
10.特異性炎(肉芽腫性炎)
11.歯性全身感染症
12.全身疾患に関連する炎症

IV 顎口腔領域の囊胞
1.総論
2.顎骨に発生する歯原性囊胞
3.軟組織に発生する歯原性囊胞
4.顎骨に発生する非歯原性囊胞
5.顎骨に発生する囊胞類似疾患
6.軟組織に発生する非歯原性囊胞

V 顎口腔領域の腫瘍および類似疾患
1.総論
2.歯原性腫瘍
3.非歯原性良性腫瘍
4.唾液腺腫瘍
5.非歯原性悪性腫瘍
6.口腔前癌病変
7.腫瘍類似疾患

VI 顎関節疾患
1.顎関節の構造と機能
2.顎関節疾患

VII 唾液腺疾患
1.総論
2.形態および機能異常
3.炎症性疾患
4.放射線障害
5.Frey 症候群
6.異物
7.囊胞
8.腫瘍
9.全身疾患に関連する病変

VIII 全身に関連する疾患
1.総論
2.感染症
3.アレルギー、自己免疫疾患、免疫不全
4.内分泌障害
5.代謝疾患
6.ビタミン欠乏症
7.薬物の副作用

IX 口腔領域の神経疾
1.総論
2.神経痛および他の疼痛性疾患
3.神経麻痺
4.神経痙攣
5.癌性疼痛

X 心因性疾患
1.心身相関
2.過換気症候群
3.口腔・頭蓋・顎顔面領域の心因性痛み
4.心理・精神機能検査
5.舌痛症
6.歯科治療恐怖症
附.いわゆる心身症

XI 血液疾患・出血性素因
1.総論
2.赤血球系疾患
3.白血球系疾患
4.出血性素因

XII 口腔顎顔面の機能障害
1.咬合異常と咀嚼障害
2.摂食・嚥下障害
3.言語障害
4.味覚障害

付章I 医療面接
1.医療面接
2.診療録
3.他の医療機関への紹介

付章II 手術総論
1.消毒・滅菌法
2.切開法
3.止血法
4.縫合法
5.注射法
6.移植
7.創傷の治癒

付章III 手術各論
1.抜歯
2.歯の移植および再植術、人工歯根埋入術
3.歯槽堤の手術
4.小帯の手術
5.浮動粘膜切除術(義歯性線維腫切除術)
6.唾液腺の手術
7.消炎療法
8.歯根尖切除術、囊胞の手術
9.腫瘍の手術
10.先天性・後天性異常の手術
11.再建手術
12.補綴的修復
13.顎骨骨折の手術
14.顎関節の手術

付章IV 薬物療法
1.歯性感染症の診断と薬物療法
2.歯性感染症の治療計画
3.抗菌薬の選択基準
4.使用抗菌薬の問題点
5.治療前後の患者管理
6.抗菌薬
7.抗炎症薬
8.抗悪性腫瘍薬
9.薬物の副作用

付章V 理学療法、免疫療法
1.理学療法
2.化学療法・免疫療法

付章VI 癌治療前後の患者管理

付章VII 歯科医療の質と安全の確保

ケース対応 3ステップでみる プラークコントロールのテクニック

ケース対応 3ステップでみるプラークコントロールのテクニック

編集:新井 髙

A4判・112頁・オールカラー
定価(本体2,800円+税)
ISBN978-4-8160-1224-2

こちらの書籍を購入する

さまざまなケースのプラークコントロールのテクニックが3ステップで一目でわかる!

症例別におさえておきたいポイント、3ステップ、ツールの使い方のワンポイントアドバイス、知っておきたい注意点、現場でよく聞かれる質問に対する説明のポイント、動機づけに役立つ説明のアイデアなどなど、現場で役立つプラークコントロールのワザが満載。
短時間でさまざまな症例に対応するコツが一目で把握できる構成。
後半にはプロとして必要な知識(エビデンス)が収載。
これ一冊で、どんな患者さんをまかされても大丈夫!


目次

臨床編
1.  モチベーション(motivation)

2.  生活習慣指導

3.  プラークと歯肉の炎症を示す指数

4.  歯科インプラント埋入患者へのプラークコントロール

5.  FMDによるプラークコントロール

6.  3DSによるプラークコントロール

7.  歯周治療におけるプラークコントロール
歯周基本治療
― ブラッシングのみによって改善された3症例とケース別プラークコントロール27症例 ―
症例1.  下顎前歯叢生部に対するプラークコントロール
症例2.  萌出不全部位に対するプラークコントロール
症例3.  根面版(コーピング)の部位に対するプラークコントロール
症例4.  ブリッジのポンティックに対するプラークコントロール
症例5.  ルートセパレーション後に連結冠を装着した歯に対するプラークコントロール
症例6.  テンションリッジに対するプラークコントロール
症例7.  歯周外科処置後に露出した歯根面と補綴物マージン部に対するプラークコントロール
症例8.  知覚過敏のある歯に対するプラークコントロール
症例9.  歯周外科処置後のプラークコントロール
症例10.  電動歯ブラシによるプラークコントロール
症例11.  下顎臼歯部ヘミセクション後のプラークコントロール
症例12.  義歯のプラークコントロール
症例13.  上顎の根分岐部に対するプラークコントロール
症例14.  カリエスリスクの高い叢生部へのプラークコントロール
症例15.  歯肉膿瘍・歯周膿瘍の部位に対するプラークコントロール
症例16.  歯列不正部位に対するプラークコントロール
症例17.  義歯の鉤歯に対するプラークコントロール
症例18.  インプラント周囲炎の部位に対するプラークコントロール
症例19.  電動歯ブラシを用いた矯正装置装着患者に対するプラークコントロール
症例20.  トンネリング(有髄歯)のプラークコントロール
症例21.  歯肉増殖症のプラークコントロール
症例22.  歯周外科処置後のプラークコントロール
症例23.  孤立歯に対するプラークコントロール
症例24.  下顎の根分岐部に対するプラークコントロール
症例25.  矯正治療中(ブラケット装着)患者に対するプラークコントロール
症例26.  インプラント患者に対するプラークコントロール
    〈下顎前歯部埋入後、口腔前庭がせまい症例に対して〉
症例27.  トライセクション(無髄歯)のプラークコントロール


基礎編
1. プラークコントロールの定義

2. プラークの本態

3. プラークコントロールの方法

4. 歯みがき(toothbrushing)方法と清掃用具
1)手用歯ブラシ
2)ブラッシング方法
3)電動歯ブラシ
4)歯ブラシとブラッシング方法の相違によるプラーク除去の比較

5. 歯間隣接面清掃用具
1)デンタルフロス(dental floss)
2)歯間ブラシ(interdental brush)
3)インターデンタルチップ(interdental tip)
4)歯間隣接面清掃用具のプラーク除去の比較

6. 口腔洗浄器
1)口腔洗浄器の種類
2)口腔洗浄器のプラーク除去効果

7. 歯磨剤

8. 含嗽剤

9. おわりに

参考文献



サンプルページ(画像をクリックして頂きますと大きなサイズで表示されます。)
3ステップでみるプラークコントロールのテクニック








歯科衛生士講座 歯周病治療の基礎と臨床 第2版

改訂版として 歯科衛生士講座 歯周病学 第3版 2016年1月19日発売

歯科衛生士講座  歯周病治療の基礎と臨床 第2版

監修:上田 雅俊
編集:田中 昭男/前田 勝正

B5判・280頁・オールカラー
定価(本体3,000円+税)
ISBN978-4-8160-1223-5

こちらの書籍を購入する

●新しい歯科衛生士国家試験出題基準と三年制教育制度に対応した改訂版。
●最新の治療法や概念などを追加し、さらに図解と写真を増やし、より分かりやすい内容に刷新。豊富な臨床例の圧倒的な情報量で、臨床の空気をリアルに再現!
●歯周病の病因から診断にあたっての基礎知識や全身との関連も丁寧に解説。プラークコントロール、外科療法、メインテナンス・SPTなどの基本的な治療はもちろん、高齢者の歯周病治療、チーム医療における歯科衛生士の役割、PCRや業務記録の作成方法も分かりやすく解説。実習時にも即役立つ実学的要素も多数収載。
●「ねらい」や「まとめ」のほかに、新たに確認事項を追加し、自然に自ら考えて学ぶ学習態度が身につけられる。
●学校教育の場だけでなく臨床の場でも必ず役立つ頼もしい一冊。


目次

基礎編
I 章 歯周病とは
II 章 歯周組織の解剖・組織
III 章 歯周組織の生理
IV 章 歯周病の病理

臨床編
1章 歯周病の病因
2章 歯周病のリスクファクター(危険因子)
3章 歯周病の症候と病態
4章 歯周病の分類と臨床的特徴ならびに対応
5章 歯周病の検査と診断
6章 歯周病の予防と治療の原則、治療計画の立案
7章 歯周基本治療
8章 歯周基本治療後の再評価
9章 歯周外科療法
10章 根分岐部病変の処置
11章 歯周治療における咬合治療
12章 薬物療法
13章 高齢者の歯周病治療
14章 歯周治療におけるチーム医療
15章 メインテナンス治療

索引
巻末資料(認定歯科衛生士)



 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

永末書店書籍管理人

Author:永末書店書籍管理人
永末書店の書籍案内です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。