永末書店

永末書店の書籍案内ブログです。 新刊の情報もいち早くお知らせ致します。

2011-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第4版臨床歯科麻酔学

第4版臨床歯科麻酔学
【編集委員】丹羽 均/椙山加綱/澁谷 徹/城 茂治/深山治久
【執筆者】入舩正浩/久慈昭慶/糀谷 淳/佐藤雅仁/杉村光隆/鈴木正二/
     長坂 浩/原田 純/正木英二/三浦美英/宮脇卓也/森本佳成/横山武志

A4判・420頁・オールカラー
定価(本体8,500円+税)
ISBN978-4-8160-1232-7

こちらの書籍を購入する

●歯科麻酔学を「全身管理学」と位置づけたベストセラーテキストの第4版。
執筆者が大幅に入れ替わり、従来の項目にこれまでとは異なる切り口からのアプローチがなされた。
●時流を反映し、静脈麻酔薬を中心とした麻酔法に関する記述を大幅に増加。
TIVAへの移り変わりを強く反映した内容となっている。
●学習の理解を助ける「ワンポイント」や「メモ」も大幅に増量し、本文理解の手助けになるものから、発展的な記述にいたるまで、幅広く網羅している。歯学部学生や研修医等には歯科麻酔学を学んでいく上での入門書として、臨床家には参考書として役立つ。


序文

今回、「第3版 臨床歯科麻酔学」が全面改訂された。
今回の改定では、執筆者が大幅に入れ替わったことが、大きな変更点の一つである。これは各大学における歯科麻酔学講座の担当者の世代交代が進んだためである。執筆者が変わることにより、その記載内容もこれまでとは、ずいぶん異なった切り口からのアプローチとなっており、大変興味深い。もう一つの変更点は、近年、全身麻酔法に関しては、静脈麻酔薬を中心とする麻酔法が主流を占めるようになり、それに関する内容が大幅に増加したことである。以前の吸入麻酔薬中心の時代からTIVA への移り変わりを強く反映した内容となっている。
しかし、編集方針は以前と変わらず、歯科麻酔学を「全身管理学」と位置づけ、手術や麻酔による生体への影響を理解し、それを最小限とするためにはどのような医学的対応が必要かを理解していくことを主眼としている。このような観点からの記載を新しい執筆者へも願いした。
本書が、今回の改訂を経て、歯学部学生や研修医等が歯科麻酔学を学んでいく上での、より良い入門書となることを期待する。
2011 年9 月
丹羽 均


masui01.jpg
masui02.jpg
masui03.jpg





目次

第1 章 麻酔学概論
1 麻酔の概念
2 歯科麻酔学とは
3 麻酔のインフォームド・コンセント

第2 章 全身管理に必要な生理学
1 呼吸生理
2 循環生理
3 神経生理(自律神経)
4 生体のストレス反応
5 酸塩基平衡

第3 章 全身管理
1 全身状態評価法
2 管理上問題となる疾患
3 モニタリング

第4 章 注射の基本手技
1 注射の基本手技

第5 章 局所麻酔
1 局所麻酔に必要な解剖
2 局所麻酔薬
3 血管収縮薬
4 局所麻酔法
5 局所麻酔法の局所的合併症
6 歯科治療時の全身的合併症

第6 章 精神鎮静法
1 概念
2 吸入鎮静法
3 静脈内鎮静法

第7 章 全身麻酔
1 全身麻酔の理論
2 吸入麻酔法
3 静脈麻酔法
4 筋弛緩薬

第8 章 周術期管理
1 術前管理
2 術中管理
3 術中合併症
4 術後管理
5 術後合併症

第9 章 歯科外来の全身麻酔
1 外来全身麻酔の概念
2 歯科外来全身麻酔の適応
3 歯科外来全身麻酔として選択すべきでない症例
4 歯科外来全身麻酔の流れ

第10 章 小児麻酔
1 小児の解剖・生理学的特徴
2 小児麻酔の実際

第11章 高齢者の麻酔
1 麻酔管理に関連する加齢に伴う身体的変化
2 加齢による麻酔関連薬剤への影響
3 高齢者麻酔の実際

第12 章 障害者の麻酔
1 障害の特徴
2 意識下治療の実際
3 全身麻酔

第13 章 救命救急処置
1 救急蘇生法
2 救命の連鎖
3 一次救命処置
4 成人における窒息の解除
5 二次救命処置
6 小児の救急蘇生
7 脳死

第14 章 ペインクリニック
1 疼痛の定義
2 疼痛の分類
3 痛みの伝達
4 痛みの修飾
5 痛みの評価
6 顎・顔面・口腔の痛み
7 頭痛
8 がん性疼痛
9 非疼痛性疾患

第15 章 東洋医学療法 特に口腔顔面痛に対して
1 総論
2 各論

第16 章 救急薬剤のまとめ
1 循環器系に作用する薬剤
2 呼吸器系に作用する薬剤
3 抗痙攣薬
4 抗アレルギー薬
5 鎮痛薬
6 利尿薬
7 その他の救急薬剤

第16 付章 麻酔と関連する長期服用薬剤
1 降圧薬
2 気管支拡張薬
3 抗精神病薬
4 抗うつ薬
5 ホルモン製剤
6 抗菌薬
7 その他の救急薬剤




スポンサーサイト

目で見る総義歯臨床

目で見る総義歯臨床

企画編集:櫻井薫
企画協力:宮地建夫/鈴木尚
執筆:石崎憲/上田貴之/大神浩一郎/古池崇志/櫻井薫/
    杉山哲也/添田亮平/髙野智史/田坂彰規/山田将博/竜正大(五十音順)

A4判・152頁・オールカラー
定価(本体7,500円+税)
ISBN978-4-8160-1231-0

こちらの書籍を購入する

◆難しいとの声が多い総義歯臨床を精緻なイラストと豊富な写真でわかりやすくまとめた一冊。
◆口腔内組織や無歯顎の印象採得、咬合調整など、総義歯作製にかかせない工程を整理。
◆ポイントだけをまとめているので、知りたいことがすぐわかる。


目 次

1章 義歯作製に必要な組織を知ろう
1.顔面
2.上顎
3.下顎
4.義歯床下の組織と義歯の形態との関係

2章 印象採得を知ろう
● 印象採得の流れ
1.概形印象
2.研究用模型作製
3.各個トレーの作製
4.筋圧形成はこう行う
5.最終印象
6.作業用模型作製
■ 症例1 著しいフラビーガム症例の印象採得
■ 症例2 ダイナミック印象法と交叉咬合排列を用いた症例

3章 咬合採得を知ろう
● 咬合採得の流れ
1.仮想咬合平面の決定
2.Face bow registrationはこう行う
3.咬合採得
4.ゴシックアーチ描記法の応用
5.前方チェックバイト採得はこう行う
■ 症例3 治療用義歯として下顎臼歯部を平坦な咬合面とした症例

4章 人工歯排列を知ろう
1.前歯部
2.臼歯部
3.歯槽堤の形態と義歯の対向関係
■ 症例4 顎堤の吸収が著しい症例で総義歯の維持・安定を得るには(フレンジ・テクニック)

5章 義歯の均衡を得るには
1.咬合の5要素とは

6章 人工歯削合を知ろう
1.人工歯削合の種類
2.人工歯削合はこう行う

7章 義歯と発音について知ろう(話しづらいと言われたら)
1.試適時に蝋義歯を入れて「発音しにくい」と言われたら
2.どうやって音が作られているのか?
3.S字状隆起を義歯に付与する理由は?

8章 新義歯装着時の手順を知ろう
1.装着の前準備
2.新義歯装着時の手順を頭に入れよう
3.患者指導の方法を学ぼう
4.疼痛が発現しやすい部位を知ろう
5.義歯安定剤
6.口腔湿潤剤(保湿剤)
7.装着直後の調整
8.リコール
■ 症例5 Intra-oral balancerについて

9章 義歯のリラインを知ろう
1.リラインの目的
2.リラインの種類と特徴
3.直接リラインの術式

10章 金属床義歯を知ろう
1.金属床義歯の利点・欠点
2.金属床義歯の作製過程
3.金属床の作製手順

11章 嚥下と義歯の形態の関係を知ろう
1.上顎義歯の形態
2.下顎義歯の形態
■ 症例6 舌接触補助床(PAP:Palatal Augmentation Prosthesis)

12章 顎補綴(顎義歯)を知ろう
1.口腔内
2.印象採得、咬合採得
3.顎義歯の形態(オブチュレーター部)




ZEROLIVE 第四弾 無事終了致しました









Video streaming by Ustream

http://www.ustream.tv/recorded/17429943


出 演 者:
青嶋 仁 先生(ペルーラAOSHIMA)
湯淺直人 先生(大谷歯科医院)
片岡繁夫 先生(大阪セラミックトレーニングセンター)

ZORO LIVE ご覧いただきありがとうございました。






ZEROLIVE 第四弾

ZEROLIVE 第四弾

開催概要

開催日時:2011年9月22日(木) 午後6時~8時半  *開始時間変更!

出 演 者:
青嶋 仁 先生(ペルーラAOSHIMA)
湯淺直人 先生(大谷歯科医院)
片岡繁夫 先生(大阪セラミックトレーニングセンター)

配信場所:Ustream


質問項目(予定):
○青嶋仁が歩んできた歯科技工人生
○青嶋仁に影響を与えた歯科技工士達
○湯淺直人が歩んできた歯科技工人生
○湯淺直人に影響を与えた歯科技工士達
○青嶋仁と湯淺直人の出会い
○異なる性質の職場を歩んできた二人の共通項は何か
○今後の歯科技工技術
○歯科医師との関係

視聴方法:
①Ustreamの公式ページにアクセス(http://www.ustream.tv/)
②HP上部の検索ウィンドウに「liveZERO」と入力し検索。
③左側の画面下に視聴できる映像が並んでいます。その中のLIVE映像を選択してください。
④チャット、twitterなどにより質問をしたい方は、事前にアカウントを取得してください。






ヒヤリ・ハットこんなときどうする? 歯科治療時の救急テクニック1 第2版

ヒヤリ・ハットこんなときどうする?歯科治療時の救急テクニック1第2版
編著: 椙山 加綱

B5判・160頁・2色刷
定価(本体価格3,200円+税)
ISBN978-4-8160-1229-7

こちらの書籍を購入する

歯科医師や歯科衛生士が日常的に直面する「こんなときどうする!?」を豊富にとりあげ、知りたかった救急テクニックを図解とともにわかりやすく解説

歯科医師が日常的に直面する偶発症の救急処置と基礎疾患患者の全身管理法を、手順に沿って簡潔に図解した好評書籍の改訂版。用語を全面的に改訂し、心肺蘇生法に関する記述は、最新ガイドラインに基づいて刷新した。


CONTENTS

第I部 全身的偶発症の救急処置

局所麻酔注射直後に、血圧が低下した
歯科治療開始前に、呼吸困難を訴えた
全部鋳造冠を口腔内へ落とした
抗菌薬で、蕁麻疹が出た
抗菌薬で、蕁麻疹と血圧低下が起こった
局所麻酔注射後に、ドキドキするといった
歯科治療終了時に、突然、頻脈発作が起こった
歯科治療中に、血圧が急激に上昇した
血圧が急激に上昇して、意識がなくなった
抜歯中に、胸痛、胸部不快感を訴えた
待合室で、胸痛を訴え、心電図でST 上昇を認めた
デンタルチェア上で、痙攣発作が起こった
歯科処置中に、悪心を訴え、嘔吐した
受付の前で、心臓が止まり、倒れた


第II部 基礎疾患患者の全身管理

高血圧症の患者が来院した
狭心症・心筋梗塞の患者が来院した
心不全の患者が来院した
心臓弁膜症の患者が来院した
弁置換術が予定された心臓弁膜症患者が来院した
気管支喘息の患者が来院した
アスピリン喘息の患者が来院した
パニック障害の患者が来院した
局所麻酔薬アレルギー疑いの患者が来院した
人工透析を受けている患者が来院した

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

永末書店書籍管理人

Author:永末書店書籍管理人
永末書店の書籍案内です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。