永末書店

永末書店の書籍案内ブログです。 新刊の情報もいち早くお知らせ致します。

2016-02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZERO Vol.15 No.1 2016 冬

ZERO Vol.15 No.1 2016 冬

● A4判/約100頁/オールカラー
● 刊行時期:1月・4月・7月・10月の中旬
● 定  価:(本体2,300円+税)

こちらの書籍を購入する

■ 歯科技工士のための歯科技工専門情報誌。
■ 発刊当初の編集理念“歯科技工の教科書となる情報誌”「ゼロ」から学ぼう!
■ 歯科技工の基礎をなす“Art”“Science”“Technology”を総合的かつ専門的に学ぶことができる、わかりやすい雑誌。
■ 将来を展望する最先端情報を網羅。
■ 著名歯科技工士の人となり、情熱、モチベーションを紹介。
■ 斬新なページデザイン。
■ ZERO publishingと永末書店のコラボレーション。

ZERO Vol.15 No.1 2016 春の内容

スポンサーサイト

(新刊情報)第3版 イラストでわかる歯科医学の基礎

第3版 イラストでわかる歯科医学の基礎

監修:渕端 孟 / 祖父江鎮雄 / 西村 康 / 村上秀明

B5判・336頁・オールカラー
定価(本体4,200円+税)
ISBN978-4-8160-1301-0

こちらの書籍を購入する

* 人のからだの構造や働き、口腔の機能や病気の成立ちなど、難解な分野をイラスト・図表を用いて視覚的に理解しやすく編集したオールカラーテキストの第3版。扱いやすいB5判になりました。
* 全身疾患と口腔疾患の関わりなどが注目されるなか、歯科医師、歯科衛生士にとっても不可欠となった全身の理解が深められます。
* 今回の改訂では、用語の定義を明解に記し、索引から学びやすい構成に。さらに、掲載データのアップデートに加え、イラスト・グラフは重要なポイントが一目で分かるよう掲載しました。


目 次

第1章 人体の構造と機能
1. 人体の概要  (解剖学分野)
1)人体の発生と成長
2)人体の構成
3)からだの各部、方向と体位

2. 細胞 (解剖学・生理学分野)
1)細胞の構造
2)細胞膜
3)細胞分裂
4)細胞の働き

3. 遺伝 (解剖学・生理学分野)
1)染色体と遺伝子
2)DNA の複製
3)遺伝情報の伝達とタンパク合成

4. 身体の組織 (解剖学・生理学分野)
1)上皮組織
2)支持組織
3)筋組織
4)神経組織

5. 筋肉・骨・関節と運動 (解剖学・生理学分野)
1)骨
2)筋

6. 神経系 (解剖学・生理学分野)
1)中枢神経
2)末梢神経
3)自律神経

7. 感覚器系 (解剖学・生理学分野)
1)感覚の種類と性質
2)視覚器と視覚
3)聴覚器と聴覚
4)平衡器と平衡
5)味覚器と味覚
6)嗅覚器と嗅覚
7)外皮と表面感覚、皮膚感覚の感受性

8. 内分泌系 (解剖学・生理学分野)
1)内分泌のしくみ

9. 循環器系 (解剖学・生理学分野)
1)心臓
2)血液
3)リンパ

10. 呼吸器系 (解剖学・生理学分野)
1)呼吸
2)呼吸器
3)呼吸運動
4)肺容量
5)呼吸の調節

11. 消化器系 (解剖学・生理学分野)
1)消化器
2)胃液と消化
3)腸の運動
4)胆汁
5)膵液
6)排便

12. 生命活動の概要 (生化学分野)
1)生体構成成分
2)生体におけるエネルギー代謝
3)酵素の種類と作用

13. 栄養素と代謝 (生化学分野)
1)栄養の基礎知識
2)基礎代謝
3)日本人の食事摂取基準(2015)
4)糖質
5)アミノ酸
6)タンパク質
7)核酸・ヌクレオチド
8)脂質
9)ビタミン
10)無機質(ミネラル)
11)食物繊維(ダイエタリーファイバー)

14. 泌尿器系 (解剖学・生理学分野)
1)腎臓

15. 生殖器系 (解剖学・生理学分野)
1)生殖器
2)生殖

16. 免疫系と免疫 (解剖学・生理学分野)
1)免疫と免疫担当細胞
2)免疫のメカニズム
3)抗体の構造
4)免疫と疾患
5)抗原抗体反応

17. 水と電解質の調節 (生理学分野)
1)体液の移動
2)水分および電解質調節

18. 体温とその調節 (生理学分野)
1)体温—身体内部の温度(核心温度)
2)体温調節
3)高体温

第2章 歯・口腔の構造と機能
1. 口腔の概要 (口腔解剖学・口腔生理学分野)
1)口腔前庭・固有口腔
2)口蓋
3)舌
4)唾液腺

2. 頭、顔面、頸部の骨・筋肉・関節の構造 (口腔解剖学・口腔生理学分野)
1)頭、顔面、頸部の骨
2)顔面の筋

3. 歯と歯周組織の構造 (口腔解剖学・口腔生理学分野)
1)歯の種類と歯式
2)歯の形態
3)咬合
4)歯を構成する組織と歯周組織
5)エナメル質
6)象牙質
7)セメント質
8)歯髄
9)歯根膜
10)歯槽骨
11)歯肉

4. 口腔組織の組成と機能 (口腔解剖学・口腔生理学・口腔生化学分野)
1)歯の組成
2)硬組織と石灰化
3)歯の脱灰と再石灰化
4)歯髄の機能
5)歯周組織の組成と機能
6)唾液

5. 口腔の神経系 (口腔解剖学・口腔生理学分野)
1)三叉神経
2)顔面神経
3)舌咽神経
4)迷走神経
5)舌下神経

6. 口腔の血管系 (口腔解剖学分野)
1)血管
2)リンパ、リンパ節

7. 口腔の機能 (口腔生理学分野)
1)歯と口腔の感覚
2)咬合と咀嚼
3)嚥下、吸啜、構音、顎反射、嘔吐
4)発声

8. 口腔と歯の発生 (口腔解剖学・口腔生理学分野)
1)鰓弓の発生
2)口腔の発生
3)顎顔面の発生
4)二次口蓋の発生
5)歯堤と歯胚の出現
6)歯冠形成期
7)歯根形成期(歯の萌出)
8)歯の交換
9)歯の加齢変化

第3章 疾患の成りたちと回復の促進
1. 病気の原因(病因) (病理学分野)
1)内因
2)外因

2. 疾患の病理と病態 (病理学分野)
1)先天異常
2)退行性病変(代謝障害)
3)循環障害
4)進行性病変
5)炎症
6)腫瘍
7)免疫異常と移植免疫

3. 感染と感染症 (微生物学分野)
1)感染(定義、種類、経路)
2)微生物の一般性状と観察方法
3)微生物の病原性
4)宿主の抵抗性
5)おもな病原微生物と感染症
6)感染への対応:化学療法、滅菌と消毒

4. 人体と薬物 (薬理学分野)
1)薬物療法
2)薬理作用
3)投与
4)医薬品
5)調剤

5. 薬物と薬理作用 (薬理学分野)
1)神経系に作用する薬物・中枢神経系作用薬物
2)神経系に作用する薬物・末梢神経系作用薬物
3)循環器系に作用する薬物
4)水・電解質と利尿薬
5)呼吸器系に作用する薬物
6)血液および造血器作用薬・止血薬
7)抗炎症薬
8)病原微生物に作用する薬物

6. 口腔感染症 (口腔微生物学分野)
1)口腔内常在微生物叢
2)プラーク微生物叢
3)ミュータンスレンサ球菌のう蝕病原性とう蝕部位
4)おもな歯周病とおもな原因菌

7. 口腔疾患の病理と病態 (口腔病理学分野)
1)歯の発育異常
2)う蝕と継発症
3)歯髄の病変
4)歯周疾患
5)口腔領域の囊胞
6)口腔領域の腫瘍
7)歯の付着物、沈着物と着色
8)口腔創傷の治癒

索引

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

永末書店書籍管理人

Author:永末書店書籍管理人
永末書店の書籍案内です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。