永末書店

永末書店の書籍案内ブログです。 新刊の情報もいち早くお知らせ致します。

2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第三版 保存修復学21

第四版 保存修復学21 が発売されております

第3版 保存修復学21

監修: 田上 順次  千田 彰  奈良 陽一郎  桃井 保子

A4判・386頁・カラー
定価(本体8,500円+税)
ISBN978-4-8160-1165-8

齲蝕の予防、初期齲蝕に対する再石灰化療法、齲蝕の管理、審美につい て大幅に加筆。 

ポイントがわかるキーワードを欄外に。
 
巻頭に、コア・カリキュラムガイドライン、国家試験出題基準との対応表付き。


目次

第1章 概論
1.保存修復学の目的と変遷
2.歯の構造
3.診査・診断・治療方針(計画)

第2章 齲蝕
1.齲蝕
2.齲蝕のリスクファクター
3.齲蝕の診断
4.罹患歯質齲蝕病変の識別と処置法

第3章 その他の硬組織疾患の診断と処置法
1.くさび状欠損(W.S.D.)
2.咬耗症(attrition)
3.摩耗症(sbrasion)
4.変色・着色(discoloration)
5.形成異常(dysplasia)
6.酸蝕症(侵蝕症)(erosion)
7.破折(fracture)
8.象牙質知覚過敏症(dentinal hypersensitivity)

第4章 歯髄障害・歯髄保護
1.歯髄刺激の原因
2.窩洞形成と歯髄刺激
3.修復材料の安全性の評価
4.修復操作中の歯髄刺激
5.修復後の歯髄刺激
6.歯髄保護対策
7.覆髄(覆罩)と裏層

第5章 診療設備・器具・器械
1.診療設備
2.回転切削器械
3.回転切削器具
4.手用切削器具(hand cytting instruments)
5.エアブレイシブ(airbrasive)
6.レーザー(laser)
7.薬剤による齲蝕除去
8.診療姿勢・器具の持ち方
9.滅菌・消毒法
10.感染予防対策

第6章 窩洞
1.分類
2.窩洞各部の名称
3.窩洞の条件

第7章 修復方法
1.修復材料の所要の所要条件
2.修復法の種類とその特徴、適応
3.修復物の形態と面の性質
4.修復材料と生体親和性
5.仮封
6.修復補助法

第8章 コンポジットレジン修復
1.概要
2.コンポジットレジン
3.接着システム
4.適応症と修復の手順
5.術後の変化、経過、再修復法、追加修復

第9章 グラスアイオノマー修復
1.概要
2.材料学
3.適応症
4.修復法
5.臨床成績

第10章 アマルガム修復
1.アマルガム概要
2.材料学
3.水銀汚染とその対策
4.適応症、窩洞形態
5.修復術式
6.術後の変化、経過と再修復法
7.接着アマルガム修復

第11章 コンポジットレジンインレー修復
1.概要
2.コンポジットレジンインレー窩洞の特徴と適応症
3.レジンセメント
4.コンポジットレジンインレー修復の臨床手順
5.臨床経過
6.問題点

第12章 セラミックインレー修復
1.概要と特徴
2.材料
3.適応症
4.セラミックインレー窩洞の特徴
5.セラミックインレーの製作手順と特徴
6.セラミックインレーの接着
7.問題点

第13章 メタルインレー修復
1.概要
2.鋳造用合金
3.メタルインレー修復の適応症、窩洞ならびに形成法
4.印象剤と印象術式
5.間接法模型と調整法
6.蝋型(ワックスパターン)の調整法
7.埋没、鋳造(材料、方法)
8.試適、合着
9.合着剤
10.術後の変化、経過、再装着、再修復

第14章 ベニア修復
1.概要
2.分類と特色
3.ベニヤ修復の材料学
4.ベニヤ修復の手順
5.術後の変化・経過

第15章 歯の漂白
1.概要
2.無髄歯の漂白
3.有髄歯の漂白

第16章 破折歯の保存修復……臼歯を中心として
1.歯の破損の原因
2.歯の破損の分類
3.臼歯における破折とその頻度
4.臼歯における破折の分類
5.歯折臼歯の診断と処置
6.再植と移植について

第17章 保存修復における審美的アプローチ
1.概要
2.病因と病態
3.保存修復治療における審美的な対応に必要な基本的知識

スポンサーサイト

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

永末書店書籍管理人

Author:永末書店書籍管理人
永末書店の書籍案内です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。