永末書店

永末書店の書籍案内ブログです。 新刊の情報もいち早くお知らせ致します。

2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祇園さゝ木 佐々木浩の舞台

祇園 さゝ木 佐々木浩の舞台

「グルマン世界料理本大賞」の「シェフ部門」でグランプリを頂きました。

【著者】佐々木 浩
【撮影】ハリー中西
【アートディレクション・デザイン】株式会社 デザインフォース
【挿画】高橋 松山(大津絵文化協会会長)

A4変形(210mm×287mm)・208頁・オールカラー
定価(本体4,000円+税)
ISBN978-4-8160-8001-2 C0077

こちらの書籍を購入する

こちらの書籍をAmazonで購入する

永末BOOKS第二弾『祇園 さゝ木 佐々木浩の舞台』写真、コラム、レシピなど、充実の料理本。
親友ハリー中西のカメラで、料理道30年佐々木浩の集大成が色鮮やかに発売です。


大将、佐々木浩の掛け声のもと、
一斉に「さゝ木劇場」の幕が開く。
息を呑むほどに、瞬く間に生み出される一体感。
一瞬の間すら、華麗で繊細なまばゆい舞台の1シーンとなる。



ぼくの想い

 いきなり、「あなたにとって『お客さま』って何?」って聞かれたことがあります。すごくむずかしく重い問いでした。私の答えは「友達・・・」。失礼な言葉で申し訳ないのですが・・・私にとってお客様は友達です。友達ってお互いに裏切らないし、お互いの心の扉を開けっぱなしに出来ると思います。
 のれんを掛けさせていただき、十二年が過ぎました。これからも裏切ることなく、私と共にお客様に店を育てていただけましたら、大変幸せです。
わたくし、この道に入り丁度三〇年が経ちます。修行時代から料理長時代、やがてのれんを掛けさせて頂くにいたるまで、師匠、先輩、同僚、友人と色々な方々から力をもらいました。
 今のこの店ののれんが毎日掛けさせてもらえるのも、もちろんお客様を始め、このわがままな私について来てくれた木田、二軒目から一緒になった小川、そして素晴らしい若い衆、誰より私を理解してくれた家内のおかげです。本当に有難うございます。
 最後に、この大舞台京都で、私の料理がお出しでき、かつ本まで発刊出来ることは夢のように思います。
 
                     三〇年の料理道と四八歳の記念日に。



長年のお客様、株式会社 堀場製作所 代表取締役会長兼社長 堀場 厚 氏のコメント
「今や押すに押されぬ京都一、日本一の優れた日本料理のニューウェーブの一人、佐々木さんの舞台のとりこです。」





永末ブックス・ホームページ





スポンサーサイト

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

永末書店書籍管理人

Author:永末書店書籍管理人
永末書店の書籍案内です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。