永末書店

永末書店の書籍案内ブログです。 新刊の情報もいち早くお知らせ致します。

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祇園 おくむら 奥村直樹のフランス懐石

祇園 おくむら

【著者】奥村直樹
【撮影】ハリー中西
【イラスト】今藤長十郎

138頁・オールカラー
定価(本体6,000円+税)
ISBN978-4-8160-1265-5

こちらの書籍を購入する

花の都京都のど真ん中、雅と華やぎの祇園町に、奥村直樹の店『祇園おくむら』
『匠奥村』があります。
そこでは、フレンチと和との融合を追求した奥村シェフ独特の「フランス懐石」が供されています。

桜花らんまんの春、祇園祭も豪華な夏、紅葉の錦に染まる秋、凛とした雪化粧の冬、
それぞれの季節の料理をお箸で食べてみて下さい。

奥村シェフのスピリット満載の書き下ろしを、食の名人カメラマン、ハリー中西が写しています。

長唄の四世今藤長十郎氏のイラスト満載、
歌舞伎の十代目坂東三津五郎丈の素敵な対談などなど、
楽しんでいただける一冊です。


<もくじ>

春のおしながき
お気に入りの場所 ~ 祇園 匠奥村 ~
「舞台も料理も生きもの」 板東三津五郎×坂下美保

夏のおしながき
「奥村直樹との運命的な出会い」 エイドリアン・ゼッカー
ヒマラヤの秘境〜ブータン〜

秋のおしながき
「小さな親切 大きなお世話」 今藤流家元四世 今藤長十郎
祇園町 多くの人に育まれて

冬のおしながき
父の背中
架け橋

春・夏・秋・冬 レシピ

春04
春11


奥村 直樹
1972年京都生まれ。
フランスや京都のフランス料理店で研鑽を積む。
京都のフランス懐石の老舗「西洋膳所おくむら」の二代目として子供の頃から食べ鍛えた味覚を基礎に、独学で日本料理を学ぶ。
その後「お客様の好みに合わせ、季節の素材を当意即妙に料理する」という板前割烹の良さを取り入れた「おくむら」スタイルを確立。
情緒漂う祇園、切通しの「祇園おくむら」、お茶屋が連なる花見小路南側の「匠奥村」を開店。
更に、おくむら初のブーランジェリー「ORENO PAN」を加え、3 店舗展開。
2013年には新規ブランドとして「OTONA SOUP」をオープン。
また、世界各地に一流リゾートを展開するアマングループのひとつ、ブータン「AMANKORA」での料理フェアを初めに、プーケット、北京のアマンホテル内レストラン「NAOKI」のプロデュースを開始。
同年にはイタリア、ベニスにて「CANAL GARDEN」をプロデュース。
今や活躍の舞台は京都にとどまらず、国内外へフランス料理の今とこれからを発信し続けている。


祇園 おくむら 奥村直樹のフランス懐石 特設サイト

スポンサーサイト

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

永末書店書籍管理人

Author:永末書店書籍管理人
永末書店の書籍案内です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。